« 男の役得 | トップページ | ブログ引越す事にしました »

これだけ学んで授業料無いからこの世界素晴らしい

日々呑気に生きております。

16日はエンチョウ寄席、ご来場下さいました皆様

ありがとうございました。

小痴楽さんや昇也さん、うちの好の助ももちろん

キャリアは後輩ですけど

いい刺激をくれる大好きな仲間だと

勝手に思ってます。向こうは嫌がってるかも。

個人的には鯉八さんとか松之丞さんとかも

エンチョウ寄席に出てくれないかな、と

密かに思ってます。

こんなとこでラブコールしないで頼んでみれば、ですけど。

交流に垣根は無いですね。

ルーツ、原点としての所属団体の違いは凄く感じます。

そこがまた面白いんだけど。

 

17日には文京シビックに円楽師独演会を勉強しに行ってきました。

道楽師のかぼちゃや、久しぶりに聴いた。

前座の頃教わったけど全然できなくて。

今改めて、道楽師の凄さを思い知るわけです。

そんな道楽師に、7月19日の中清寄席に

ゲストで出て頂くことになりやした。

快くお引き受け下さってほっとしております。

沢山のお運びをお待ちしております。

7月19日(金)19時半からです。

 

円楽師の会、打ち上げで何故か

師匠の目の前に僕が座ることになって。

一門の兄弟子いっぱいいたのにみんな別のテーブル…。

いや、有難かったですけど、良いの?っていう。

色んな話聴けましたよ。

科学を追求するのは科学者の仕事だけど

それだけだと不完全、

実用においては底上げ、最後尾を面倒見ることが

同じくらい重要、それは政治の役目。

そんな話してましたよ。

師匠夫妻の夫婦喧嘩のきっかけが

市場経済の大原則とそれに対する道義的配慮の欠如

そんならしいですよ。

圓橘夫妻が

「今日は夜席?」

「そうだよ」

「じゃあご飯いらないわよね?いらないでしょ?」

「なんでだよ食うよ」

「いいじゃない食べなくたって」

「たーべーまーすー!」

とか言ってるのとえらい違い。

所変われば品変わるもんですな。

良い勉強させて頂きました。

 

今日19日は日本橋亭の講談夜席に侵入しました。

ちょっとお稽古をば。

早く覚えて高座でやりたい。自分が楽しみ。

講釈の方から教わって覚えるのは初めてなんで

その辺の作業にも慣れたらいいなと。

 

稽古のあとはじっくり講釈を勉強させて頂いたんですけど

琴星先生の高座、初めて聴いた。

いやぁ…すっごい面白い。

本当に良い意味で軽い。

賛辞ですよ。最大級の。

左談次師匠を思い出しました。

気持ち良い事この上ない高座です。

琴星先生をまだ聴いた事無い方は是非。

聴かないと損です。

貞心先生の『中村仲蔵』も初めて聴けた。

鳳志兄さんも勉強に来てたんで

一緒に袖で正座。

終わった後兄さんと顔見合わせて

「めちゃくちゃ難しいすね仲蔵…」「うん…」

ため息しか出ませんな。

芝居の客同様、自分も口ぽかーんと開けて観てた。

終演後、貞心先生にお茶お誘い頂いて。

そこでも芸談。ためになるお話。

粗忽の使者ってもとは講釈なんですってね…。

知らなかった。

お前が不勉強なだけだろ、何を今更

とお思いのお方もいらっしゃるかと思いますけど。

講釈由来の落語、ホント多いんですね。

上方由来のネタも多いし、

江戸落語のみのネタっていくつあるのやら。

その上で、講釈師と落語家の、

考え方とか気になる箇所、力の入れどころ、

そんな差異もなるほどなるほどと思いつつ。

日々勉強っすね。

 

今日天気もぐずついてたけどそんな中、

お仕事終えてスーツでいらして

ゆっくり講釈を聴いてらっしゃるお客様を袖から見て、

こういう時間を日常に取り入れてる方は

豊かな人生を送ってらっしゃるんだろうなあ、と

羨ましく思った。

|

« 男の役得 | トップページ | ブログ引越す事にしました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324545/52106308

この記事へのトラックバック一覧です: これだけ学んで授業料無いからこの世界素晴らしい:

« 男の役得 | トップページ | ブログ引越す事にしました »