« 6月の予定 | トップページ | 夏が来る »

こんつわ!って挨拶するような人と友達にはなれないけど町内には居てほしい

その一言が聴きたくて。

演者の方も、その一言が言いたくて。

そんなことがモチベーションというか

原動力だったりするんだと思う。

 

『酢豆腐』って噺は、あの長いウォームアップを経て

「もちりん」の一言が言いたい、聴きたいがために

この世に存続させるべきネタだとすら思うわけです。

なんだよもちりんって、誰が考えたんだろこれ。

モデルになった若旦那いるのかね。

糠床の有るご家庭の方が少ないご時世、

糠味噌桶引っ掻き回すことへの抵抗感、

ましてやモテたい気取りたい盛りの男が

そんなもんに手突っ込めるかっていうだけで

延々もめ散らかす風景ってのも

旅の噺と同じくらい、情緒と風情のあるものだと思う。

酢豆腐なかなか聴けないね。

うちの一門だったら鳳楽師がこの時期やる。

鳳楽師の酢豆腐面白いんで、見かけたら

「酢豆腐聴きたい!もちりんって言って!」って

リクエストしてみてください。結果に責任は持ちませんが。

 

してみりゃ「このサゲ言いたいがためだけにこの噺作ったろ」

みたいなネタ沢山あるし。

いい意味でくだらない事考えちゃ

夜中にニヤニヤして

翌朝になって「何が面白かったんだあれ…」

って我に返るような人たちが昔も居たんだなと思うと

自分の居場所というか、ここに居たいと

改めて思うわけで。

|

« 6月の予定 | トップページ | 夏が来る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324545/51897298

この記事へのトラックバック一覧です: こんつわ!って挨拶するような人と友達にはなれないけど町内には居てほしい:

« 6月の予定 | トップページ | 夏が来る »