« 小橋建太は僕らの青春 | トップページ | 良いものは良いんです。 »

今週を振り返ってみる

今週はあちこちで仕事あった。珍しい。

月曜日は都電荒川線の中で。

福島のお客様が都電貸切なさって。

で、早稲田から三ノ輪橋までの区間、

車内で何かやって頂戴という未体験ゾーン。

大楽兄さんに相談したら

「俺なら楽市連れてくな」

目からうろこ。流石大楽兄さん、

どこで力を入れるか、逆に力抜くかを分かってる。

商売人としての目が長けてる人だと思う。

鯛好呼んで二人で頑張る事にした。

着物を家から着ていくのも嫌だから

早稲田駅の大きいトイレで着替え。

便所で着替えるという行為に涙が出そうになった。

私が半泣きで着替えてたら鯛好がやってきて

何故か一緒に個室に入る。やめろよ。誤解されるだろ。

開口一番「いやあ広いですねえ!」

十人十色ってホントだね。何が楽しいんだこの野郎。

都電乗って立ったまま喋る。ひたすら喋る。鯛好笑う。

おい仕事しろ鯛好。

停留所に着く度、そこに居るお客が

「ふぅ来た来た、さあ乗ろう…あれ、ドア開かない

なにこれ、貸切車?…ふうん……着物!?何あの人達?」

みたいな目を向けられる。でも頑張った。謎かけ脳が覚醒してた。

あ、また当分の間スリープ状態になるんで。

 

水曜日は引越しの夢をネタおろし出来た。

凄く楽しい噺。教わってよかった。

腹に入ってないって感覚が最近よーく分かるようになってきた。

今後沢山高座にかけたい。

 

木曜日は全楽師の会。

私は短命を。良いお客さんだったのと、

日暮里サニーホールっていう会場の良さ、

各要素が自分には珍しいくらいピタッとはまった感覚。

たまには頑張ったって言ってもいいじゃないという高座。

全楽師が寝床ネタおろし。

旦那が煙草を吸うところがあるんですよ。

前に師匠にそのシーンの話聴いたんだけど。

喉を気にして煙草を2,3日前から吸わずに我慢してるんです、旦那。

でもあんなんなって、怒りに任せて煙草吸っちゃう。

そこから気持ちが再燃して義太夫やるかってなっちゃった時に

煙草吸ってる自分に気付くあの流れ。

あの旦那の人物がよりくっきり浮かぶと思う。

ギャグってそういうもんだと師匠。

ギャグの為にギャグを作るんじゃなくて

あくまでストーリーの流れに沿ったギャグ。自然。

勉強させて頂きました。

 

金曜日はミュージックテイト西新宿店に初めて潜入。

芸協の柳若さんと昇也さんが会やるっていうんで見学。

会場を見たかったのと、二人が二ッ目になってから

どんな高座やるのかを見たかった。

柳若さんは言葉のチョイスに普段からセンスを感じるけど

高座ではそこにパワープレイ、強引なドリブルが加わる感じ。

演説の様な口調。

言葉選びが時に暴力的になるのは師匠の息吹かな。

昇也さんは、彼が落語好きになったきっかけが

米朝師匠だって言ってるのがよくわかる佇まい。

そこに昇太師匠のエッセンスが入るからまた面白い。

二人とも、ルーツ=師匠を感じる高座でした。

勉強に来てた私と小痴楽さんも一席やらせてもらいました。

小痴楽さんの声は授かりものだよ。

ホントに良い声してる。

鰍沢か乳房榎やってくんないかな。

良いと思うんだけどな、シリアスな噺。

両国の常連のお客様がいらしてて、

少し気恥ずかしい中、私は本膳。

汗かき過ぎて高座に垂れた。

ごめん昇也。ホントに高座散らかしちゃった。

 

昨日土曜日は八王子で。

萬橘兄からの紹介で明大OBの皆様の前で短命。

また大汗かいた。汗しかかいてない。

ほとんど男性のお客様の中、

たまに肩が動く、フッと笑う、

そういう反応が嬉しかった。はた目には軽く滑ってる風景。

あんなんですみません。

 

今日はオフ。ほとんど寝てた。

英気を養うってのは良い表現だな。

はた目にはただの惰眠。いや自分でも惰眠と思う。

いいんです。来週は大事なイベントがあるから。

21日武道館、モー娘。田中れいな卒業コンサート。

私はライブビューイングで見ます。

会場で見かけたらそっとしといてやってください。

先日の小橋さん引退に続いて泣いてるかもしれないんで。

|

« 小橋建太は僕らの青春 | トップページ | 良いものは良いんです。 »

落語リハビリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324545/51696784

この記事へのトラックバック一覧です: 今週を振り返ってみる:

« 小橋建太は僕らの青春 | トップページ | 良いものは良いんです。 »