« 祭りのあと | トップページ | 張り合った先にあるのは徒労だけ »

うどん食べたかった

2月13日、香川県の高松市へ。

落語家になって初めての四国、人生でも二度目。

同業者の皆様に聴いても四国へ行く機会は少ないようで。

香川県ですよ。うどんの国ですよ。

友人に高松行くって行ったら

「あの県はうどんの茹で過ぎでダムが渇水し、

近隣他県から苦情が殺到してる」

とか言う始末。

そりゃうどんでお馴染みですけど

いくらなんでも大袈裟。

あいつのこと弥次郎って呼ぼう。

 

お泊りする部屋へ行き、洗面台見たら

「節水にご協力ください」という貼り紙。

ホントに水足りないの…?

うどんのせいなの…?

トイレ見たら流す水がちょっと茶色がかってる。

「水が茶色いのは再利用しているためです」

という注意書き。

水が足りないから使用済みうどんつゆ使ってるの…?

うどんのせいなの…?

|

« 祭りのあと | トップページ | 張り合った先にあるのは徒労だけ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324545/49410116

この記事へのトラックバック一覧です: うどん食べたかった:

« 祭りのあと | トップページ | 張り合った先にあるのは徒労だけ »