« リクエスト | トップページ | 祭りのあと »

都会のひと

2月9日、土曜日。

お江戸日本橋亭にて「全楽Go!Vol.55」

要するに全楽師匠の独演会。

手拭い配ったりするし、前座だけじゃ

手が足りないかもという懸念からのお呼ばれ。

自分なりに考え抜いた師匠への誠意なんだけど

結果的に周りから見ると

「お前大先輩にその接し方はどうなのよ」

と怒られかねないアットホームな楽屋を

師匠にお届けできれば私の存在意義もあるかなと

勝手に自己を正当化しつつ。

師匠に頼まれた珈琲買いに行って戻ろうとしたら

鞄二つも抱えた師匠発見。

 

「おい話す事ねえよ橘也!」

またまたご冗談を…と思うけど、

自分が前座の頃見てた師匠と比べて

最近はマクラをかっちり作りこまないらしい。

案外ホントに丸腰なのかと思いつつ開演。

 

愛坊が『寿限無』

初めて聴いた。初期鳳笑のテイストが若干あった。

鳳笑ほど派手なデストロイじゃないけど。

彼はゆくゆくはものまねもやるのかね。

野球が好きらしい。千葉ロッテファン。

数回浪人して慶応大あきらめたらしいけど

その辺の顛末は楽屋準備に流れたので今度聴こう。

 

全楽師一席目『うどんや』

マクラが聴いてて心地が良い。

身辺雑記と言えば単純だけど

要するに師匠は目に映るものすべてを対象に

上手にツッコミ入れてるわけで。

楽屋で、電話で、打ち上げで

あれこれ聴いてる普段の師匠のトークそのまま。

「面白いやつは普段から面白いし、

高座と普段の喋りが全然違うやつは駄目」

師匠のお言葉。

ホント、その通りだと思う。

高座に上がると全然違う声色、口調になる人は

やっぱどこか変だと思う。

要するに師匠は元々面白いから高座も面白い。

前田慶次も「虎は何故強いと思う?元々強いからよ」

って言ってたっけ。

マクラを完パケにしなくなったためか、

最近の師匠のマクラはゆったり聴ける優しさも備わってる気がする。

お前が分析すんなだけど。

全楽師のトーク番組とかメディアでやってくんないかしら。

 

仲入り挟んで橘也『弥次郎』

羽織り脱ぎそびれた。

「汗をかくほどのパワーを使わない」をテーマにしたんだけど

ちょっと汗かいた。まだ余計な力使ってる。

トリで師匠『死神』

運びのスムーズさ、テンポの良さ。

全体の雰囲気をなるべくライトに仕上げる感じ。

最後のローソクに火をつけるとこ、

「息」をキーアイテムに使う秀逸なギャグ。

「死ぬかと思った!」ってフレーズが凄く好き。

サゲは「これがサゲでござい」みたいな溜めを作らず

奥ゆかしいさげ方だと思った。

 

打ち上げ、二次会、三次会といつもの朝までコースは

事前に想定済み、故に体調万全。よって望むところ。

師匠、いつもご散財ですみません。

弥次郎のヒントを頂戴した。

目からうろこだった。

「お前に足りないものを与えてくれる噺かもな」

とのこと。

なるほど、そういう視点で扱えば

今自分が削ぎ落としたいと願ってる

「余計な力」を削ることにもなりそう。

なんで左談次師匠の弥次郎が面白いのか、

それに対して自分のやり方、

この噺に限らず良くない部分。

要するに田舎者なんですね、自分。

都会人のセンス、サラッとした人間性。

そういうのが根本的に足りない。

だからガツガツする、無駄に必死になる、

お客さんが聴いてて疲れる、自分も疲れる。

この日の『死神』しかり、他にも

師匠の『芝浜』とか『紺屋高尾』とか…ていうか

どのネタでもそうなんだけど

特にこういう大ネタの時に感じる良い意味での軽さ。

あれが都会人のセンスなんだと思う。

自分に無いモノ。

生まれはもうどうしようもないし

今更生まれ変わって入門し直しますってわけにもいかないし。

自然体、普段の自分を変に飾ろうとせず

正直に晒すのがそれに近づく道なのかな、と思う。

ええかっこしようとするから力が入る、不自然になる。

なんだ、結局人としての自分の欠点じゃん…。

 

全楽師は、どんな時でも必ず

僕の高座聴いて、アドバイスをくださる。

しかも他のお客さんが居ない時、

同業者も居ない時。

最近は「まあお前はゴリラだからな」っていう

謎の結論で終わるんだけど、

大上段から伝授してやる的な行為は

恥ずかしいから、照れがあるからで。

ポーズとして後輩に教える、

そんな俺を見ろみたいな人とはわけが違う。

あの照れこそが師匠の魅力であって

都会のひとなんだと思う。

 

こういうブログを書くのも恥ずかしいんですけどね。

面と向かって言えないし。

でも、いつも感謝してます。

ありがとうございます。

だからいつか、紺屋高尾教えてください。

|

« リクエスト | トップページ | 祭りのあと »

落語リハビリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324545/49311169

この記事へのトラックバック一覧です: 都会のひと:

« リクエスト | トップページ | 祭りのあと »