« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2013年1月の告知

仕事納めはもうとっくに通り過ぎました。

そんな今年のスケジュールは無視。

来年1月の告知です。

 

●正月の両国寄席

1月2日(水) 13:00頃上がり

1月8日(火)、10日(木) 18:00頃上がり

1~3日は13時開演、20時頃終演予定となっております。

4日以降は通常営業。

初もうでのついでにでもいらしてやってください。

演者の名前を受付で言って頂ければ割引システムは

もちろん健在です。

 

●1月2日(水)、3日(木)

「新春圓橘一門会」

於・深川東京モダン館

15:30開場 16:00開演

出演:三遊亭圓橘、三遊亭きつつき、三遊亭橘也

料金:前売2000円、当日2500円

お問合せはTEL:03-5639-1776(モダン館)

またはモダン館のサイトからどうぞ→コチラ

 

●1月3日(木)

「一月三日新春特選演芸会【午前の部】」

於・横浜にぎわい座

11:00開場 11:30開演

出演:三遊亭好楽、三遊亭圓橘、三遊亭五九楽、三遊亭全楽、
        三遊亭兼好、三遊亭王楽、三遊亭橘也、三遊亭好吉、
        堺すすむ(ギター漫談)、ガンリキ(漫才) ※大喜利あり

料金:全席指定3000円

お問合せはTEL:045-231-2525(にぎわい座)

またはにぎわい座のサイトからどうぞ→コチラ

 

●1月9日(水)

「庚申塚亭 水曜寄席 

於・巣鴨庚申塚スタジオフォー

18:30開場 19:00開演

出演:古今亭志ん八、春雨や風子、立川談奈、三遊亭橘也

料金:2000円(別途2000円にて打ち上げあり)

お問合せはTEL:03-3918-5944(スタジオフォー)

またはスタジオフォーのサイトからどうぞ→コチラ

 

●1月16日

「両国エンチョウ寄席」

於・お江戸両国亭

18:30開場 19:00開演

出演:円楽一門二ッ目

料金:1000円(両国寄席のチケット、定期で入場可)

各所で入手したレアグッズ満載の福袋を

お値打ち価格で販売する予定です。

開運おみくじ(円楽党バージョン)も用意します。

肝心の落語はおなじみのところでご勘弁頂きます。

つまり落語以外の出し物ばかり考えてます。

それじゃ駄目じゃんってのは人様のギャグか…。

 

●1月18日(金)

「第8回 中清寄席」

於・吉祥寺 きそば中清

19:00開場 19:30開演

出演:三遊亭橘也(二席)

料金:1000円(別途料金にて懇親会あり)

※ご来場のお客様に橘也の手ぬぐいプレゼント

お問合せはTEL:0422-21-2891(中清)

席に限りがありますので必ずご予約下さいませ。

 

●1月19日(土)

「第54回 むさし坊神田寄席」

於・むさし坊神田西口店

14:00開場 14:30開演

出演:三遊亭圓橘、三遊亭小圓朝、三遊亭きつつき、三遊亭橘也

料金:7000円(予約制)

お問合せはTEL:03-3253-6341(むさし坊)

またはむさし坊さんのサイトからどうぞ→コチラ

※もしかしたらもう席無いかもしれません…。

 

●1月19日(土)

「第404回 花形演芸会」

於・国立演芸場

17:30開場 18:00開演

出演:桂吉弥「くしゃみ講釈」、翁家和助、ゲスト:林家たい平、
    菊地まどか「阿波の踊り子」、ホンキートンク、
    立川談修「かつぎや」、三遊亭橘也「唖の釣」

料金:一般1800円、
    学生1300円(要学生証)、
    シルバー(満65歳~)1300円(要年齢証明)
    障害者1300円

お問合せは
国立劇場チケットセンター(午前10時~午後5時)

TEL:0570-07-9900
へどうぞ。

 

●1月26日 土曜日

「第2回 片浜寄席」

於・沼津 片浜地区センター

13:00開場 13:30開演

出演:三遊亭橘也

片浜地区センターのサイトはコチラ

場所と時間は把握してるのですが

それ以外の事をまだ伺っておりませんで…。

去年は落語の解説と実演でした。

今年は何やりましょうかね。

一人で2時間くらい喋ってた記憶。

ハードですな。やる方も聴く方も…。

 

●1月30日(水)

「九浦の家落語会」

於・吉祥寺東コミュニティセンター九浦の家

13:30開場 14:00開演

出演:三遊亭橘也(二席)

料金:500円

お問合せはTEL:0422-21-4141へどうぞ。

 

●1月31日(木)

「ほのぼの寄席」

於・橋場老人福祉館

13:00開場 13:30開演

出演:神田すみれ、三遊亭橘也、丸一菊仙、神田こなぎ

料金:入場無料

お問合せはTEL:03-3876-2365まで。

 

その他、沼津へ行ったり中野坂上行ったり

吉祥寺で仕事したりなんだりですが

告知はこんな感じです。

どうぞ2013年もご贔屓お引立ての程、お願い申し上げます。

本年も有難うございました。

良いお年をお過ごしくださいませ。




| | コメント (1) | トラックバック (0)

福袋

12月26日。

暮れの風物、師匠宅大掃除。

強風で戸を開けるのも辛い中、無事終了。

これが終わると、ああ一年終わったなあとしみじみ思う。

そして片付いてない自宅を見て更にしみじみと悲嘆にくれる。

いいよもう…毎年そんなだから…。

今年は年賀状を早めに出せただけでも収穫と思う。

 

師匠は読書家でして。

自分が知ってる限り、師匠以上の本の虫を知らない。

だからたまに寄稿依頼来ると凄いこだわる。

いっそのこと本書けばいいのに。

出版社の皆様、如何でしょうか。

清書と細かい添削は私が引き受けますんで。

師匠の字の解読なら負けない自信あります。

 

震災の折、師匠宅の本棚もえらいこっちゃだったようで。

そりゃマンションの11階、揺れたでしょうな。

あれ以来蔵書をとにかく減らす事に執心の師匠。

「お前達にやるから読みな」と

きつつき兄や私に、今まで大事にしていた資料など

沢山の本を持たせてくれる。

師匠から弟子へ、知識の継承とでも言いましょうか。

「そっちにある本のリストを送ってくれ。

また要るかもしれないし」

うん、預けるって言うんだよね、それ。

私設図書室状態なのよね…。

 

「小圓朝ときつつきの所は子供がいるからな。

倒れてきたりしたら危ないから」

という悲惨な理由で最近はもっぱら私が預かり担当。

「あんた寝てる時に本がダーッて倒れてきて死ぬのよ!」

何故か高笑いのおかみさんの追い打ちもあって

今年も橘也図書館の蔵書が増えました。有難うございます。

一括は無理なんで複数回に分けて持ち帰る事に。

で、昨夜は第一弾。

紙袋に詰め、ビニール紐で結わえて肩で担ぐ。

「あんたそんなに大丈夫なの?」

と心配するおかみさんに

「大丈夫です、もてる男ですから」と豪語してみせた。

「荷物はね」

という冷徹な指摘を頂戴して帰路へ。

寒風吹きすさぶ冬の夜道を歩く。

吉祥寺駅から東急の前へ来た所で流石に切れた。

私じゃない。

堪忍袋の緒は健在だったけど

紐が切れた。袋が破けた。本が飛び散った。

不思議と寒さは感じない。

慌てふためいたりもしない。

ただただ冷静に、この状況を打破する方法を模索した。

切れた紐で何とか縛るという策を採用。

結び目を解けない。

手は正直だ。寒さで震えて動かない。

必死でビニール紐と格闘する。座り込む。

師走の街を足早に通り過ぎる人々。

見向きもしない。そりゃ師走ですもの。忙しいですよ。

砕け散った荷物を前に、

ひたすら紐いじってる馬鹿の相手する人なんか…。

 

「あの、大丈夫ですか?」

二人組のシルエット。

女性のようである。

顔をあげると、手には紙袋より丈夫そうな

ビニール製の大きな袋。

スーパーの袋とかじゃないよ。

「大丈夫ですか?」

再び問われ、自嘲気味に「駄目みたいです」

と答えると、そっと袋を手渡してくれた。

「これ使って下さい」

遠慮する余裕も無く頂戴した。

去って行く後姿を眺めつつ、深々とお辞儀。

頂いた袋に本を詰めたら、ちょうどぴったり入るサイズ。

あのお二方は神の化身だったんだろうか。

この暮れにきて、今年一番うれしかった事かもしれない。

この袋は、記念にずっととっておきます。

一足早い福袋、頂戴致しました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

シンクロニシティ

12月8日、土曜日。

お江戸両国亭にて、桂そうばさんの会に

ゲストで出させて頂きました。

年に一度の落語の祭典、博多天神落語まつりで

ここ何年かご一緒させて頂く機会を得まして。

プロフィールを見比べてみると

二人とも1978年生まれ、2005年入門、

国立大卒(そうばさん神戸大、橘也筑波大、ついでに好吉神戸大)

同い年で同期。不思議なご縁。素敵な偶然。

よく考えてみると、東京も含めて

そこまでぴったり同じな同業者って他に居ない、かも。

博多天神の会では一緒にこども寄席やったり、

打ち上げで若手同士、固まってお話したり。

そんなご縁も手伝って、そうばさん初の東京独演に

お邪魔させて頂いた、とそんな経緯。

 

場所はお江戸両国亭。

円楽党にとってはホームグラウンド。

自分にとっては初高座の地。

前座時代の居住地も両国。

偶然は続くもんで、

そうばさんのこの日の演目が『十徳』『茶の湯』の二席。

十徳は師匠・圓橘に初めて教わった因縁、もとい

運命の一席。

唐突な指令で2005年1月4日、正式な初高座を得た自分が

正に両国亭でやったあの十徳。

茶の湯も師匠の十八番にして圓生直伝、

私は師匠直伝。今年から勉強してるネタ。

よく出来た筋書きだことよ、と内心思いつつ開演。

十徳はサゲが自分のと違ってた。

あのサゲ、いいすね…。やりたいけど

肝心の十徳が思い出せない体たらく。

今時珍しく、師匠の最初の稽古、十徳は

録音禁止の三遍稽古。つまり音源無し。

事前にきつつき兄さんにその辺の予習をしてなかったら

もっと面喰ってたはず。

「思い出せる限り、覚えてる単語をすぐノートに書くといいよ」

このアドバイスに従って、師匠宅を出た直後、

両国寄席行く前に近所の公園行って書き出したっけな。

あの熱意はどこへ行ったんだ。

 

サゲだけじゃなく、噺のあちこちを面白くしてて

(そうばさんは確か「大分いらってます」的な事言ってた、

言葉合ってます?)

円楽師もこないだ言ってたけど、

別に噺の筋を変えるとかじゃなくても

遊べるとこどんどん遊べっていう。

そういうとこは上方の人が上手い。

茶の湯も然り。

まだ自分は師匠のをなぞるのに手いっぱいだけど

「そこそうやるか!」「あそこああやるのいいな」

っていう箇所が随分あった。面白い。

上方で茶の湯やる人、かなり少ないみたいだけど

なるほど、上方落語に合ってる噺なのかも。

自分とのバックボーンの違いを

ちょうどわかりやすい二席で勉強できた良い機会でした。

あ、自分は『佐野山』やりました。

場所が両国なんで。久々だから段取りあやふやでした。

上方では今、南光師匠がよくおやりになるそうです。

南光師匠は『花筏』もめちゃくちゃ面白いです。

 

打ち上げに続々集まるそうばさんの同級生の皆様。

小学校、中学校、高校、大学、社会人時代の仲間…

人当たりの良いそうばさんらしい打ち上げ。

みんなに愛される人柄は、ざこば師匠そっくり、なのかな。

中学の同級生や先生の話題で笑いあう姿を見て

こういう絆って良いなあと、しみじみ羨ましかったわけです。

 

俺、小中学校時代の友達とか居ないな…。

高校は辛うじて少しだけ。

大学時代の仲間も数人。たまーに会う程度。

地元帰っても飲みに行く人居ない。

家族、親類くらい。

そういやそうばさん、新婚さんだっけな…。

なんかマクラで散々喋ってたっけ。

あーそうかいそうかい…!けっ!

素敵な偶然は、そうそう続かない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月の予定

寒い。

年々寒さに弱くなってきてるのを毎年痛感します。

じゃあ暑さに強くなったかと言うと相変わらずの汗っかき。

温度差がどうのじゃなくて、

人として弱ってるんだなこれ。

 

そんな弱い私に追い打ちをかけるかのように

今月は仕事も寒い。

手帳を睨んでおりますが

「現実見ろよ、お前今月仕事ねえんだよ」とばかりに

手帳が白いページを誇示してくれます。

ちくしょう、来年1月からの手帳はもう購入済みだからな!

お前今月いっぱいで自由契約だからな!

 

●今月の両国寄席は

12月4日、5日に出ます。どちらもサラ口。

17:30開場、17:50頃に前座が上がります。その後に私。

受付で出演者の名前出して紹介で来た的な事を告げると

当日でも前売料金になるらしいですよ!

今まで内緒にしてたけど!

是非ご活用下さい。

 

●12月8日 土曜日

「桂そうば ひとり相撲の会」

於・お江戸両国亭

12:30開場 13:00開演

出演:桂そうば(落語二席と長まくら)、三遊亭橘也

料金:2000円

お問合せ:irebaokuba@yahoo.co.jp

上方の桂そうばさんの会にゲストでお呼ばれです。

近郊近在の皆様、ちょっと遠方でも

何とか来られる距離の皆様、

是非お誘いあわせの上ご来場下さいませ。

博多天神落語まつりでご一緒してるとはいえ

高座をじっくり聴く事があまりないので

私もそうばさんの落語聴くのが楽しみです。

多分キャリアも同期な二人を応援しにいらして下さいまし。

 

●12月22日 土曜日

「第306回 圓橘の会」

於・深川東京モダン館

14:30開場 15:00開演

出演:三遊亭圓橘『大つごもり』(樋口一葉) 『御慶』
    三遊亭きつつき、三遊亭橘也

料金:前売2000円 当日売2500円

お問合せ:03-5639-1776(モダン館)

詳しくはコチラをどうぞ

月例・圓橘の会です。

なお、正月2日、3日には、こちらモダン館にて

「新春 圓橘一門会」もあります。

15:30開場 16:00開演と

開演時刻が定例の会より1時間遅くなります。

出演は三遊亭圓橘、三遊亭きつつき、三遊亭橘也です。

是非お正月を深川でお過ごしください。

お待ちしております。

 

告知は以上。少ない!

いや、他の日も色々してますよ。

例えば大掃除とか、暮れの挨拶に行ったりとか、

あと歩いたり走ったり稽古したり飲んだり食ったり…。

あークリスマスに仕事入らないかなー…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »