« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

コメントへの御礼

このブログを読んで下さって、尚且つ

コメントもつけて下さる方がいらっしゃるわけで。

コメントへのレスポンスを

こちらからはしないという方針なので

いつも無愛想な形になっておりますが

有難く読ませて頂いております。

この方だな、と把握できる方もいらっしゃいますが

ネットである以上、どなたか分からない方も

中にはいらっしゃいますので

分かる方にはお会いした時にお礼申し上げたりしますが

そうでない方には何も言ってないわけです。

かといって方針は変えない強情っぱり。

心苦しいところではありますが

どうかご容赦ください。

改めて御礼をこの場にて。

当人、これでコメントつくと大変に喜んでおります。

いつもありがとうございます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日の出来事

ツイッター始めてからこっち、大概の事は

向こうに書いちゃうんですけど

ブログの方が好きに書けていいじゃないかと。

今更にもほどがある。

気付くのが遅いタイプです。

 

今日は月例・圓橘の会。

三軒長屋を袖で聴いてて

「顔の半分が無い奴」っていうとこがおかしくてつい笑う。

わが師・圓橘は今日も元気だった。

焼酎のお湯割り飲んでたけど

あの分量は割るとは言わない。

ストレートで飲まないのは

何というか、最後の抵抗なんだと思う。

師匠が打ち上げで、女性のお客様に

丁寧に落語の事を解説してる様子を

横目に見ながら焼酎つくる作業がやけに楽しかった。

おかみさんはジムに行くと

2時間くらいみっちり運動するらしい。

元々運動好きだったかというと逆だそうで。

その辺の学生よりよほど溌剌としてる。

師匠夫妻に学ぶ事はまだまだ多い。

私にとって理想の夫婦像。

本気で私の独り身を案じてくれるのは嬉しいけど

女性を見るとこいつどうですかって言うのは止めたげて。

それよりどうやっておかみさんを口説いたのか

教えてほしい。

 

圓橘の会の打ち上げは門仲の「富水」さんでやっております。

魚を中心に何食べても美味しいんで

門仲にお越しの際は是非どうぞ。

近所にあったら確実に通うわっていうお店。

 

ちょっと人にCD貸す用事が出来て

あれこれ棚をまさぐってたら

昔買ったのがボロボロ出てきてしばし懐かしむ。

ライブの一期一会が大好きだけど

こうして記録に残るものは

いつでも記憶が蘇る良さですな。

 

たい好には試し酒が合うんじゃないかとふと思う。

誰か彼に稽古つけて頂けませんか。

出来れば私も一緒に教わりたい。

いや、彼をダシにとか、そういうんじゃないすよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑記

先日、このブログを読んでわざわざ

吉祥寺の勉強会にいらっしゃったお客様が

私の文章を褒めて下さった。

落語はともかく、文章は褒めて下さった。

ん?いいのか?ま、いいか。

文章には人間が如実に出るんで、

ブログ褒められると長期的に喜びます。

文章書くの、好きなんで特に。

褒めて伸びるタイプです。ひとつよしなに。

今までの反省を生かし、褒め言葉も素直に受け取るようにします。

損な生き方はもうおしまい。

 

今月は贈り物をいくつか頂戴しました。

沼津の地ビールと汗拭き用タオルハンカチ。

僕の地元のビール、汗っかき体質への善後策。

僕をきちんと見て下さってるからこそのチョイスと

これでも感謝してるんです。

どうもこの、そういう感情を上手く表現できない不器用さ。

何か良い事でもあった暁には

このビール開けて汗と涙を拭きながらしみじみ飲みます。

 

にぎわい座に行った際、そういや桜木町っていう言葉を

含んだ歌詞があったなと。

山崎まさよしさんの『One more time,One more chance』

リアルタイムでラジオから流れてるのを聴いた時には

まだ学生時分。

「変わった声の人だなあ」くらいの感想。

歌は知ってますけど、程度の認識。

思い出したんで聴いてみたら泣いた。

珍しく泣いた。赤鬼も泣いた。

この歌あかん、今の自分にはきつい。

 

プリングルスが現在30%増量中。

お薦めです。

日清シスコのココナッツサブレは神の味。

お薦めです。

明日11月24日15時より、深川東京モダン館にて「圓橘の会」

お薦めです。

 

何だこの駄文。褒めてくれた人に申し訳ないや。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

遊べ

寒い。もう冬の寒気ですよ。

毛布かけて布団かけて靴下履いてマスクして寝るんですが

起きると毛布だけ丁寧にはねのけてるわ

靴下も右だけ脱いでるわマスクは遥か彼方に落ちてるわ、

一体どういう寝相してんのか見てみたい。いや見たくない。

 

今月はおかげさまで忙しく。

いや、強がりじゃなくて。そういう月もあるんです。

来月が笑えない程暇なのでプラマイゼロです。むしろ赤です。

 

浜松にて、円楽師の「短命」を久々に拝聴。

師匠も久しぶりにやったと仰ってた。

カミさんに飯盛ってもらうとこ、

しゃもじですくった飯を茶碗に放り投げるカミさん。

フワッとよそってくれったってそうじゃねえよっていう。

宙を舞う飯が見えて凄い面白かった。

帰京後、師匠の同級生の方がやってる

東陽町のお寿司屋さんに連れてって頂いて。

カウンターで寿司食べる贅沢に感動したんだけど

師匠の話を伺えたのが自分にはもっと贅沢で。

「言ったらやればいいんだ」「遊べ」「滑稽噺は何だっていい」

子ほめを例にとり教えて下さった。

「また乱暴な奴が飛び込んできたな」

って言ったら、八っつぁんは乱暴じゃなきゃおかしいわけで。

キャラがどうのってより、噺が人物を描いてくれる。

「遊べって言う俺が自分の中にいるんだ」と笑う師匠の顔が

悪戯思いついた少年のようで。

メクリを会場に忘れるという、マネージャー業務の失態も忘れ

ただただ楽しんでしまった。いや、ホントすんません。

 

11月21日、水曜日。

ウチの近所のコミュニティセンターでのんびり勉強会。

「鮑のし」をどうしてもやりたかったんで数年ぶりに。

円楽師に言われたことを思い出しつつ高座。

やってて楽しかった。

落語って、良いすね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

11月6日荒川銭湯寄席

タイピングを焦って「あらくぁせんとうよせ」と

何度も打ってるのが変にツボに入ってしまってますが

詳細を告知。

●11月6日 火曜日

「荒川銭湯寄席」

於・三河島 喜楽湯

12:30開場 13:00開演

出演:三遊亭橘也 春風亭昇羊

 

こんな感じです。

めっきり寒くなって参りました。

落語聴いて更に冷え込んだところを

熱い湯に身を任せるなんてのはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月の予定

9~11月はこの業界的には稼ぎ時と言われておりまして。

ここで仕事しないと冬が越せない。

正月と言えばお年玉、ハイエナの如き前座が

「あけましておめでとうございます」という鳴き声を上げて

死肉と化した兄弟子の財布を食い破る季節。

そんな訳で今月の予定をば告知。

 

●11月の両国寄席出演は8,15日です。

7日は楽之介師匠と交替になりました。

両日ともサラ口です。

いつも通りの17時半開場、17:50頃前座が上がります。

受付で「橘也はモテない」と言って頂きますと

「ですよね」と言われます。

普通に演者の名前を出せば当日でも前売料金にてご入場。

 

●11月2~4日 

「第六回 三遊亭円楽プロデュース 博多天神落語まつり」

詳細はコチラ

今年も開催、円楽師プロデュースの落語の祭典。

まだチケット取れる会もあると思いますので

是非お運び下さいませ。

私は毎年恒例、博多のお子様に落語を知って頂く

「こども寄席」とあともう一公演は演者として、

それ以外はずっと楽屋でお手伝いしてる風な顔して

落語を堪能させて頂いてるかと思います。

まずは明日の朝寝坊しないように気を付けます。いやマジで。

 

●11月9日 金曜日

六代目円楽プロデュース いきの良いのを揃えた落語会」

於・横浜にぎわい座

18:30開場 19:00開演

出演:三遊亭愛楽、三遊亭全楽、古今亭菊志ん、
    三遊亭兼好、三遊亭橘也

料金:全席指定3000円

お問合せ等は上記のリンクよりどうぞ。

活きの良いのという看板に偽りありと言われたら

円楽師にご迷惑が掛かりますので

普段の死んだ魚の目は封印して元気に勤めます。

 

●11月21日 水曜日

「九浦の家落語会」

於・吉祥寺東コミュニティセンター九浦の家

13:30開場 14:00開演

料金:500円

出演:三遊亭橘也(二席以上)

何やるか全く案が無いまま11月に入ってしまったんですが

いつも通り平日昼間、のんびり勉強させて頂きます。

吉祥寺在住の方、お時間ございましたら是非。

 

●11月24日 土曜日

「第305回 圓橘の会」

於・深川東京モダン館2F

14:30開場 15:00開演

出演:三遊亭圓橘『三軒長屋(上・下)』
    三遊亭きつつき、三遊亭橘也

料金:当日売2500円 前売2000円

ご予約・お問い合わせはコチラ

 

はっきりした情報を把握できてるのが以上でして。

その他の告知もあるんで一応記載。

お声は掛かってるんですが…。

●11月5日月曜日「八朝・かん平二人会」

於・お江戸日本橋亭 18時半開演

●11月6日火曜日「荒川銭湯寄席」

13時開演

●11月16日金曜日「志ん生座」

於・根津ふれあい館

かわら版に載ってなかったので不安ですが

狐狸のしわざじゃない限り、こちらも出させて頂きますので是非。

詳細わかったら告知します。

 

もう一件、こちらは来月ですが

●12月8日 土曜日

「桂そうば ひとり相撲の会」

於・お江戸両国亭

12:30開場 13:00開演

出演:桂そうば(落語二席と長まくら)、三遊亭橘也

料金:2000円

ご予約・お問合せ:irebaokuba@yahoo.co.jp

博多天神落語まつりでご一緒して以来、

懇意にさせて頂いてる上方の桂そうばさんが

東京で会をおやりになります。

そちらにゲストで出させて頂きます。

「あいつ呼んでもクソの役にも立たんかったわ!」

と言われないように早めに告知。

皆様のご来場を心の底からお待ち申し上げております。

いやホント、来て下さい。

 

とりあえずこんな感じの今月です。

いや、他にもうちょっと仕事はあるんですけど

土日がわりと暇なんですよ。

稼ぎ時…?大丈夫かな自分…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »