« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

告知

二件ほど告知というか宣伝というか。

ブログ本来の使い方なのに

なんか手抜き記事書いてるような気になる。

こういうもんもやったからどうなんだ、

やらない奴は損なのか、って話です。

ま、結局やってるんですけどね。

 

告知①

6月16日 土曜日

「両国エンチョウ寄席」

18:30開場 19:00開演

於・お江戸両国亭

木戸銭:1000円(両国寄席のチケット、定期券でも入場可)

毎度おさわがせします、なこの勉強会ですが

今月は好の助が円楽党芸人ランキングを考えたいようです。

おやんなさいよ、と思ったら

「一人だと暴走するかもしれないんで暇なら来て下さい」

とのこと。

土曜日に暇な時点で、既に俺のランク終わってるじゃねえか、

とは言わずに暇なので了承。

いつも二人してエンチョウ寄席で暴走してるのに

まさか歯止め役とは。触媒にしかならんぞ。

 

告知②

6月20日 水曜日

全楽師匠がTVに出演します。

朝の情報番組、「モーニングバード」(テレビ朝日)にて

落語家の誉でありますところの

扇子の使い方を解説します。

本日、両国寄席開演前に収録があったので

現場に立ち会いました。

僕は見切れてもいませんのでご安心ください。

全楽師の出演は9:20頃からだそうです。

そして同日夜は

「全楽Go! 日本橋篇」

18:30開場 19:00開演

於・お江戸日本橋亭

出演のあとは独演、

扇子の使い方を実演なさるかと思います。

是非師匠に「今朝TV観たよ!」と

報告しにお運び下さい。

僕は見切れるどころかその場に居ませんので

ご安心ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第6回中清寄席ご来場御礼

6月8日金曜日。

第6回中清寄席、ご来場下さいました皆様、

ありがとうございました。

好き勝手喋らせて頂きました。

次回予定をあの場で告知できればよかったんですが

お客様がお帰りになった後に決まりました。

次回は9月7日金曜日です。

またのご来場、お待ち申し上げております。

席数の都合上、必ずご予約をお願いしております。

お手数ですが宜しくお願い致します。

それにしても毎回0時過ぎまで続く打ち上げ。

ちゃんと皆さん帰宅できたのかしら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

我々の業界ではご褒美です

6月2日は両国寄席に出て参りました。

主任の円楽師は『たがや』

いつも以上に高座で遊ぶ六代目が

嬉しそうに横道に噺を逸らしてく様子を

一太郎と袖で堪能。

「親父すげえな…」

凄い人なんですよ?君のお父さん。

噺家ってだけじゃなくて忍者ですよ。

 

打ち上げは両国駅の近く、国技館の方にある

夕日鍋と焼肉のお店「うえだ」

詳細はコチラ

こっちは大勢なので楽大が潜入して座席の確保。

と、その楽大がこっちに走ってきた。

「兄さん!金村さんいますよ!」

元近鉄の?

「金村キンタローさんですよ」

なんだと…!

今日は両国寄席にSUWAさんが来てて

打ち上げもご一緒だというのに。

体の分厚い人がもう一人増えちゃったよ。

 

お店のほぼ全域を占拠する両国寄席楽屋一同と関係者。

食事の最中、SUWAさんが金村選手に紹介して下さると。

いいんですか!恐縮しまくりつつ

金村選手のお席に向かう。

「あ、あの、円楽一門の三遊亭橘y」

「チョップでええんか」

「?」

SUWAさん、僕を羽交い絞めにしてどうしようと?

「彼はね、ドMなんですよ」

SUWAさん、紹介の仕方おかしいですよ!

プロレスファンですよ!性的嗜好は関係ないでしょ!

あとドMじゃないです!

金村選手曰く、得意じゃない方の角度で一発。

物凄い衝撃!!何というパワー!!

感動の中、「ありがとうございます!」

御礼申し上げて自分の席に戻る。

 

しばらく談笑、このお店の夕日鍋

通称スカイツリー鍋が実に美味。

いやあ楽しい打ち上げですな!

と思ったらいつの間にかまたSUWAさんに連行されてた。

「それが気に入らん」

私のシャツがお気に召さない金村選手。

躊躇なく地肌を出させて頂く。

手刀を研ぐ金村選手。すぐ横に六代目。

Img_1048

先程とは比較にならないインパクト。

SUWAさんがおさえて下さらなかったら吹っ飛んでた。

うずくまる自分。すぐ我に返り「ありがとうございます!」

ふと横の円楽師を見ると

鍋の汁をおたまですくってこっち見てる。

「背中にかけようと思ったのに」

いやちょっと待って!違うでしょ?

そういうプレイじゃないでしょ?ドMじゃないのよ?

 

席に戻る。

しばらく談笑。いやあスカイツリー鍋美味しいなあ。

金村選手がお帰りの様子。

お見送りに行く。

SUWAさん既に羽交い絞め。

何だこの息の合った動き。

楽大「兄さん!眼鏡外して!」

知っているのか、楽大!

胸板にチョップではなく張り手を頂戴する。

膝から崩れ落ちる自分。

SUWAさんの「橘也くん!お礼言って!」の一言で

我に返る。

いかん!これはご褒美だ!ご褒美なんだ!

「ありがとうございますッ…!」

金村選手は強く優しい握手をして下さいました。

プロレスファンでよかった。本当に良かった。

 

打ち上げもお開き。円楽師匠、ご馳走様です。

さあそろそろ、と思ったら

六代目の周辺が騒がしい。

SUWAさんが僕の右手を持って挙げる。

えっ?

円楽師「お前か!」

えっ??

「お前か、追加注文したのは。もう会計済んでんだよ!」

いや僕じゃないっす!僕じゃないっす!濡れ衣です!

師匠自らお裁きを下さる事に。冤罪なのに。

お作法を先程の三発で心得た自分は

そっと胸をはだける。構える師匠。

六代目三遊亭円楽師の手刀が僕の胸を切り裂く。

師匠、手加減という言葉を御存知ですか。

うずくまる自分。

意識を振り絞り「ありがとうございます!」

忍者の弟子こと円楽師がテーブルの上に

武器になる物がないか物色し始めたので逃げる。

席に戻る。師匠、さっきの手刀が僕の乳首をかすめたんです。

しかも金村選手の二発目と同じ箇所への打撃だったんです。

一太郎、お前の父ちゃんは凄い人なんだぞ。

 

打ち上げも今度こそお開き。

栄楽師匠が僕の顔見て

「俺もチョップ打ってみてえなあ!」

もう勘弁して下さい…。

翌朝シャワー浴びる時に鏡を見たら

右胸にナスカの地上絵みたいな手形。

突っ張られることが男の、たった一つの勲章と

この胸に信じて生きてきます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

極上の

6月3日 日曜日

岐阜羽島へ。

小遊三師匠と文珍師匠の二人会という

実に贅沢な会の露払い。

これを袖で聴いて良いわけです。タダで。

何ならギャラが発生してるわけですから

もう詐欺みたいなもんで。

まめかなさん、主催のエイフルさんいつもありがとうございます。

 

小遊三師は『蒟蒻問答』

小遊三師の落語は、馴染みの店にフラッと立ち寄って

常連さん同士で盛り上がってる、そんなイメージ。

分かりにくい例えだことよ。

噺に対して構えてないっていうのかな、

落語の世界にスルッと遊びに行く感じなんです。

一席終わったらそのまま登場人物と河岸変えて

もう一軒行こうか、みたいな雰囲気。

自分の高座がいかに無駄な気負いが多いかよくわかる。

 

文珍師はトリで『帯久』

圓生師匠、うちの師匠もやるけど

どうも聴いてて辛いというか、

どちらかというと面白くない噺だと思ってた、

そんな自分がどれだけ馬鹿だったかを痛感できた。

極上の一席。

楽屋で質問したら丁寧にお答え下さった文珍師匠。

前半をどう上手い事乗り越えるか、

半ばで設けるブレイクポイント、

そしてサゲに向かうスパート。

この噺でこんなカタルシスを得られるとは。

お美事にございました。

編曲の妙。芸の洗練。

聴衆をどこまでも気持ちよく酔わせる

超一流の指揮者、編曲者であり演奏家。

 

「落語はええねぇ…」と文珍師匠。

このお二方の落語への敬愛。

嬉しい時間でした。

文珍師「落語はええねぇ…喋ってる内に酒が抜ける」

えっ…そっち…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月の予定

初日なので恒例のお参り。

八幡様行って、良い陽気だったので散歩。

気付いたら荻窪駅前。

インドア派だったんだけど、散歩ってのは良いもんですな。

痩せろ痩せろと一部から非難轟々なので

これを機会にダイエットしよう。って毎年誓ってるなあ。

 

6月の告知でも少々。

●今月の両国寄席

6月2日、10日に出ます。

10日は立川幸之進さんと交替であります。

いつもながらの17時半開場、18時開演。

 

●6月8日 金曜日

「第6回 中清寄席」 

場所:吉祥寺 きそば中清
(五日市街道沿い、「北町一丁目」バス停のそば)

19時開場 19時半開演

料金:1000円(別途料金にて打ち上げあります)

お問合せ:0422-21-2891(中清)

今回で六回目になります。

いつも通りの落語二席→打ち上げです。

席に限りがあるのでご予約をお願いしております。

 

●6月10日 日曜日

「上石神井駅前寄席」

場所:上石神井 居酒屋・和

14時開場 14時半開演

出演:柳家初花、三遊亭橘也

料金:1000円

お問合せ: 090-6728-0034(マツダ)

これで三度目の出演、上石神井駅前寄席。

過去二回は立川談修兄さんとご一緒しましたが

今回は初花兄さんとです。

他の一門の方との共演はいつも楽しみです。

 

●6月30日 日曜日

「第300回 圓橘の会」

場所:深川東京モダン館

14時半開場 15時開演

出演:三遊亭圓橘『あくび指南』『山崎屋』、
    三遊亭きつつき、三遊亭橘也

料金:前売予約2000円 当日2500円

お問合せ:03-5639-1776
      または深川東京モダン館のサイトからメールにて
      サイトはコチラ

※あすなろ書房発行“中学生までに読んでおきたい哲学”
『はじける知恵』の本が当る抽選会がございます。
 ゲスト 本の編者 松田 哲夫先生

だそうです。モダン館のサイトより抜粋。

めでたく第300回記念です。

是非ご来場くださいませ。

 

告知する催しはこんなとこでしょうか。

他にもチョコチョコ仕事はします。

仕事が無い日は散歩か筋トレ。

今月は沢山歩けそうだ!やった!やった…ハハハ…。

少ない仕事の中、今月はやけに学校寄席が多いです。

学校の仕事は個人的に凄く好きだし楽しいです。

毎回新鮮な気持ちになれます。

是非ご依頼をお待ちしております。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »