« 5月告知 | トップページ | 告知おかわり »

楽しく生きる。

4月29日。天気失念。暑かったのはよく覚えてる。

渋谷道玄坂にて「個展落語の会」

古典と個展をかけたダジャレ一点突破の企画。

そういうの大好物です。

書道家・久保田吟水さんの書展

「厭う、慕う」 - うつろう美醜 -

にて落語会。

開演前に書を拝見。

どれも素晴らしいんだけど個人的に気に入った作品は

120429_175150

「美」

美とは泥にまみれることである、というテーマに心打たれた。

この日の高座も泥まみれだったけど

それ以上に汗まみれだった。美しくない。

最前列のお客様、暑苦しくてすみません。

120429_175138

「凛」

凛とした、一本筋の通った人は憧れる。いつかそうなりたい。

こういう作品をじっくり眺める時間って良いもんだなと再認識。

 

4月30日。この日も前日の暑さを引きずってた。

楽生兄さんのお供で東久留米へ。

「第9回・第10回かくしち寄席」

昼席で第9回、夜席で目出度く第10回の節目。

10回続けることのありがたみ。

始めるのはわりとすぐできるけど

持続するのは本当に大変なんですよ、落語会。

会場のかくしちさんは「うつわ&カフェ」

なるほどコーヒーカップもお皿も素敵。

写真撮る前に食事と珈琲に心奪われたとか

まさかそんなわけないじゃないすか。

 

楽生兄さんの明るい『阿武松』を袖で拝聴。

兄さんの高座は人柄が滲み出て聴きやすい。

屈託の無い人の高座はすっきりしてる。

自分に最も欠けてる要素の一つだと思う。

入門したての頃はきつつき兄さんに

「お前は屈託があるんだよ」って

随分怒られたっけ。

 

終演後は打ち上げ。

打ち上げが真っ先に予約で埋まったとのお言葉通り

凄まじい勢いで飲む皆様。

御店主も節目の第10回を飾るべく切り札投入。

120430_220323

二年寝かした森伊蔵にご満悦の御兄様。

更にドンペリまで開く。止まらない宴。

楽生兄さんは名前を体現してる人である。

 

すっかり満喫させて頂いた酒席、

帰りの時間なので仕方なくお開き。

大泉学園からのバスがあると思ったら

この日は振替休日で既に終業。

酔い覚ましも兼ねて1時間の徒歩。

兄さんのように楽しく生きたい。

僕はまだまだ寂しく生きる。

|

« 5月告知 | トップページ | 告知おかわり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324545/45105470

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しく生きる。:

« 5月告知 | トップページ | 告知おかわり »