« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

突然

初めてお会いしたのはまだ前座の頃で。

右も左もわからず、ただその場でウロウロして。

どうにもポンコツだったっけ。

何を良いと思って下さったのか、こんなポンコツを。

いつの間にか毎度師匠のお供。

行くたびに「ねえ師匠、この人何で来たのぉ?」

「もう来なくていいよぉ!」「ホントは来たくないんでしょ!」

笑ってからかってくれて。

でもこっそり「お疲れ様」「前より良かったよ」

いつか真打になった時に

「ねえ師匠、こんな人真打にしていいの!?」

「橘也くんでも真打になれるなんてねえ~」

とか言ってもらえると思ってた。

普通に来週お会いするものと思ってた。

突然。人生ってそういうものかと。

本当に有難うございました。

私からも御礼申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

告知おかわり

皆様、連休は如何お過ごしだったでしょうか。

東京はどうにもぐずついた天候でした。

お出かけされた皆様は色々大変だったかと。

私?いやその、家から眺める雨って、良いよね…。

 

散歩始めました。

家から五日市街道出て市役所の方に曲がって、

そっから青梅街道へ抜けて練馬区をズカズカ歩いて

吉祥寺通りに来てうちの前まで。1時間強。

交番前以外はブツブツ稽古してます。

見かけてもかわいそうな奴と思ってそっとしといて下さい。

 

告知し忘れた会があったのでおかわり。

忘れてる時点でご利益薄いな。ご利益?

 

●5月20日 日曜日

「一歩落語の会」

於・沼津 大手町会館

出演:三遊亭橘也、三遊亭好の助

第一回の頃はまだ前座だったこの会、

去年は開催できなかったのですが今年はやります。

詳細は主催の「くいもんや一歩」さんまで

お問合せ下さい。055-963-3603までどうぞ。

落語はともかく中華料理と

高嶋酒造さん提供の日本酒はご満足頂けるかと。

落語が無ければ?ええ、仰る通りで。

 

●5月23日 水曜日

「九浦の家落語会」

於・吉祥寺東コミュニティセンター九浦の家

13:30開場 14:00開演

隔月開催の勉強会です。

のんびり気ままにネタおろしたりしてます。

平日昼間なのですがお時間ございましたらどうぞ。

木戸銭は500円です。

 

●6月8日 金曜日

「中清寄席」

於・吉祥寺 きそば中清

19:00開場 19:30開演

落語:1000円

終演後、別途料金にて打ち上げあり。

不定期開催、近所のお蕎麦屋、中清さんでの

こちらも気楽な落語会です。

落語は二席、さくっと演って

あとは心ゆくまでお酒とお蕎麦をご堪能頂いております。

週末の夜、のんびり日本酒を傾けたい方は是非。

耳も傾けて頂けると幸いなんですが、

こちらもお酒とお蕎麦が大変美味しいのでそれを目当てに。

落語が無ければ?そっすね…。

席に限りがあるのでご予約をお願い致しております。

ご予約・お問い合わせは

0422-21-2891(中清)までどうぞ。

 

連休明けて、ようやく僕の5月が始まる、

そんなスケジュールです。

ああーもう休み疲れた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

楽しく生きる。

4月29日。天気失念。暑かったのはよく覚えてる。

渋谷道玄坂にて「個展落語の会」

古典と個展をかけたダジャレ一点突破の企画。

そういうの大好物です。

書道家・久保田吟水さんの書展

「厭う、慕う」 - うつろう美醜 -

にて落語会。

開演前に書を拝見。

どれも素晴らしいんだけど個人的に気に入った作品は

120429_175150

「美」

美とは泥にまみれることである、というテーマに心打たれた。

この日の高座も泥まみれだったけど

それ以上に汗まみれだった。美しくない。

最前列のお客様、暑苦しくてすみません。

120429_175138

「凛」

凛とした、一本筋の通った人は憧れる。いつかそうなりたい。

こういう作品をじっくり眺める時間って良いもんだなと再認識。

 

4月30日。この日も前日の暑さを引きずってた。

楽生兄さんのお供で東久留米へ。

「第9回・第10回かくしち寄席」

昼席で第9回、夜席で目出度く第10回の節目。

10回続けることのありがたみ。

始めるのはわりとすぐできるけど

持続するのは本当に大変なんですよ、落語会。

会場のかくしちさんは「うつわ&カフェ」

なるほどコーヒーカップもお皿も素敵。

写真撮る前に食事と珈琲に心奪われたとか

まさかそんなわけないじゃないすか。

 

楽生兄さんの明るい『阿武松』を袖で拝聴。

兄さんの高座は人柄が滲み出て聴きやすい。

屈託の無い人の高座はすっきりしてる。

自分に最も欠けてる要素の一つだと思う。

入門したての頃はきつつき兄さんに

「お前は屈託があるんだよ」って

随分怒られたっけ。

 

終演後は打ち上げ。

打ち上げが真っ先に予約で埋まったとのお言葉通り

凄まじい勢いで飲む皆様。

御店主も節目の第10回を飾るべく切り札投入。

120430_220323

二年寝かした森伊蔵にご満悦の御兄様。

更にドンペリまで開く。止まらない宴。

楽生兄さんは名前を体現してる人である。

 

すっかり満喫させて頂いた酒席、

帰りの時間なので仕方なくお開き。

大泉学園からのバスがあると思ったら

この日は振替休日で既に終業。

酔い覚ましも兼ねて1時間の徒歩。

兄さんのように楽しく生きたい。

僕はまだまだ寂しく生きる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月告知

5月1日。時折通り雨。

初日なので近所の武蔵野八幡宮へお参り。

煙草買おうと思ったら近所の酒屋が閉まってた。

あと数時間以内に買いに出る予定。ストック切れた。

 

5月の出演情報を告知。月始めにちゃんと更新とか珍しい。

 

●5月の両国寄席は8、9、15日です。

8、9はサラ口、15日は三本目です。

いつも通り17時半開場、18時開演。

 

●5月8日 火曜日

「荒川ふれあい寄席」

於・峡田ふれあい館 2階和室

13時半開場、14時開演

出演:三遊亭橘也、春風亭昇也

入場無料です。

詳しくはコチラをどうぞ。

 

●5月11日 金曜日

「新生 二ッ目道場!」

於・巣鴨スタジオフォー

18時半開場、19時開演

出演:柳家ほたる、春風亭べん橋、立川談奈、三遊亭橘也

入場料:2,000円

お問合せ:03-3918-5944

詳しくはコチラで。

 

●5月16日 水曜日

「両国エンチョウ寄席」

於・お江戸両国亭

18時半開場、19時開演

出演:三遊亭橘也、三遊亭好の助、他

入場料:1,000円(両国寄席のチケット・定期でも入場可)

月例の二ッ目勉強会です。

まだ何やるか決まってないです。

円楽一門に限らず、エンチョウ寄席は

二ッ目の皆様のご出演をお待ちしております。

やりたいネタがある方は是非ご一報くださいませ。

 

●5月17日 木曜日

「269回サニーホール落語会 

 三遊亭全楽の会~全楽Go!特別編」

於・日暮里サニーホールサロン

18時半開場、19時開演

出演:三遊亭全楽

入場料:前売1,200円、当日1,500円

全楽師匠の独演会、日暮里特別編です。

ついでに僕も出ます。

師匠のお客様には「またお前かよ」と嘆息されそうですが

師匠の高座を聴きにいらしてください。

詳細はコチラから。

 

●5月19日 土曜日

「武蔵野小圓朝の会」

於・武蔵野芸能劇場

13時半開場、14時開演

出演・三遊亭小圓朝

久しぶりに小圓朝兄さんの会に参ります。

昼席になったんですね。

是非うちの兄さんの高座を聴いてみて下さい。

 

●5月26日 土曜日

「第299回 圓橘の会」

於・深川東京モダン館

14時半開場、15時開演

出演:三遊亭圓橘『三人旅』『半七捕物帳十七・人形使い(下)』
    三遊亭きつつき、三遊亭橘也

入場料:前売2,000円、当日2,500円

月例圓橘の会です。この次は300回なんですね。

何か特別な事するのかな。どうなのかな。

 

●5月27日 日曜日

「田舎鮨わかて落語会」

於・田舎鮨辻堂店

15時開場、15時半開演~17時終演予定

出演:柳家初花、三遊亭橘也

料金:1,500円

終演後別途料金にて打ち上げがございますので

ご予約をお願い致します。

お問合せ:田舎鮨辻堂店0466-36-2262

      スワプランニング0466-37-2339

元プロレスラーのSUWAさんがイベントプロデューサーに転身、

その一環として若手の落語会を開催して下さる運びとなりました。

メヒコ武者修行のチームメイトである良き兄貴、

初花兄さんと共演致します。

手探りのスタート、お客様の反響に今後がかかっております。

湘南の皆様、近郊・遠方の皆様も是非お運び下さいませ。

詳しくはSUWAさんのブログをご覧ください→コチラ

 

大型連休をきちんと連休する社会性に溢れた生活です。

むしろ暦に逆らいたいんですけど…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »