« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

エンチョウ寄席ご来場御礼

昨日1月16日、2012年最初の両国エンチョウ寄席、

ご来場くださいました皆様、有難うございました。

今年の秋には楽市兄の真打昇進がございます。

その際にはエンチョウ寄席=二ッ目勉強会卒業式の様な形で

また昨日のように一同集合できると思います。

それに向けて、皆頑張りますので

ご支援の程よろしくお願い申し上げます。

それにしても祝儀不祝儀が無いと

集まらない一門だな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツイッターはじめました

ずっと前からやろうやろうと思ってたんですけどね…。

ブログもやるやるっつって随分かかったし、仕様です。

てことでツイッターはじめました。

僕の名前で探せば出る、のかな?

自分の暇さ加減を露呈するだけの装置になりそうですけど。

ツイッターご利用の皆様、お気軽にご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お預け

1月7日、土曜日。快晴。

「第11回さがみはら若手落語家選手権」の予選。

初めてなので勝手もわからず。

そういや京王線でよく橋本行って見るなあで

お馴染みの橋本駅下車。良いとこだな。

その場でお客様に誰が一番良かったか投票して頂いて

順位を発表する恐怖。

ステルスマーケティングの入り込む余地も無いシビアさ。

僕は大好物の『短命』やってきました。

十八番じゃないよ。好きってだけ。

で、結果予選二位。

 

はい残念でしたまたどうぞ、

じゃないのがこの選手権。

予選四回やって一位の人四人は勿論本選出場。

で、各予選二位の人の中で

一位に一番票数が肉薄した人(惜敗率というのを出すらしい)

一人が敗者復活で本選に出るんだそうな。

てことでこの後の予選が終わるまで

まだ首の皮一枚残し、勝負お預け。

 

今後の予選は

第2回:1月21日(土)

第3回:2月4日(土)

第4回:2月18日(土)

場所はJR線・京王線橋本駅北口出てすぐ、

杜のホールはしもと8F多目的室です。

詳細はコチラからどうぞ。

この後も二ッ目精鋭が出ますので

是非お運びください。明るく楽しく激しい公開処刑です。

そして各予選一位の人はぶっちぎり、大差つけて勝って下さい。

そうすりゃもう一回遊べるドン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来年も宜しくお願い致します

元日から昨日3日まで、それなりに忙しく

正月らしく過ごさせて頂きました。

本年も有難うございました。

来年も宜しくお願い致します。

 

いや、これで仕事納めじゃないのよ。

それにしても腰が痛い。今朝は起きるのも辛い。

忙しかったり、お酒飲んだりすると

翌日すぐにレスポンスを返してくれる腰。

リアクション芸人になれるぜ、腰クンよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけおめ・・・あけました・・・おめでとりーーーーーーー!!

SFC半熟英雄より抜粋でございます。

2012年やってきました。

本年も宜しくお願い致します。

先程まで、僕の落語会やらしてもらってる

近所の蕎麦屋さん、中清さんにおりました。

御店主曰く、22時過ぎに来れば

もう店閉めて常連さんしか居ないから、と。

昼間行ったら大行列だったのよね。

 

23時過ぎ。

蕎麦でも頂こうかとのんびり来店。

賑わう店内。空いてねえ…。

とりあえず座る。

ほどなくして出てきたのがこれ。

111231_233010

日本酒とおはぎ…。

いやその…蕎麦…。

常連のお客様でにぎわう中、無理やり注文。

111231_234025

かも南蛮ktkr!

美味しく頂戴する。

去年は混みまくりで、ここで蕎麦食うの諦めたんだ。

今年は良い事あるかな!

お酒もお蕎麦も頂いたんで帰ろうとしたら

お客様から一献傾けられた。

そりゃもうねえ…いっちゃいますわな。

宴会スタート。酒うめえうめえ。

中清さんは蕎麦も美味いんだけど

日本酒の品ぞろえが半端じゃないからね…。

しこたま飲んでたらいつの間にか年越してた。

みんなで乾杯してお祝い。

そして引き続き大宴会。

めっちゃ楽しい。

120101_002100

蕎麦の追加もみんなと一緒に。

散々飲み散らかしてお開き。

中清のご夫婦、ぐったりしてたなあ…。

お疲れ様でした。

そして今年も宜しくお願い致します。

2012年一発目の中清寄席は2月3日です。

また改めて告知します。

 

あー飲んだ。旨かった。楽しかった。最高の年越し。

 

誰か5時ごろ起こして…。

師匠んち行くのよね…。

遅刻はマジやばい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »