« 足りないもの | トップページ | 告知! »

すみません、寝てました

また得意のブログ放置かと。放置新聞かと。

うわ、クソつまんねえ。

この人大丈夫?噺家みたいな事やってるらしいけど

それじゃすべり散らかすんじゃないの?という

お言葉が聞こえてきそう。実際陰口叩かれまくりなんじゃねえの?

 

えっと、忙しかったんです。いやホントに。

この場を借りて御礼申し上げたかったのですが

何しろぐったりしてしまって。

そろそろ動き出してみます。

 

年に二回、春と秋に地元・沼津で落語会を

させて頂くようになって3回目。

9月25日。日曜日。於・サンウェル沼津。

ゲストに女優の二宮さよ子さんをお招きしての秋の寄席。

親戚の伝手でご縁を頂戴したのは、

そもそも二宮さんが書を嗜んでらっしゃるから。

私の手拭いに一筆頂戴しようとお願いに上がったのがきっかけ。

その場で出演依頼も直訴する不作法を

素敵な笑顔でご了承下さった。

一人芝居の舞台も勉強させて頂いた。

これがもうホントに素晴らしくって。

杉村春子物語っていう、二宮さんの師匠にあたる

大女優・杉村春子女史の生涯を綴る作品。

その時、その瞬間の杉村春子さんの孤独とか

心の飢え、渇きみたいなものがひしひしと伝わる

素敵な舞台だった。

 

寄席にお役者様を上げるなんざ格の違いを考えろと、

お叱りを受けてもおかしくないんですが、

その辺は無知な馬鹿者のやる事と一笑に付して下さい。

前座の桂宮治君が実に良くって。

彼の高座、好きなんだよね。

あのスピードで喋っても滑舌いいし、リズムが良いから

凄く聴き心地が良い。

来年春には二ッ目昇進だそうで。ああ怖い。

売れっ子になったら使ってもらおう。

二宮さんには芝居の口上をやって頂いてからのトーク。

時間が足りない。もっと色々聴きたかったのに。

僕の演目は『目黒の秋刀魚』と『人情八百屋』

この日の反省点は自分にのみあるわけで。

僕は行って落語やるだけ。

営業やらその他バックアップは地元の親・親戚はじめ

スタッフ一同総出でやってもらってる。

これだけしてもらえるってのは本当に有難いことで。

手前味噌でみっともないけど、

あんなに支えて貰える奴は同じくらいのキャリアの噺家でも

そんなにいないんじゃないのかな。

その努力のおかげでお客様があれだけ入ったのに

あの高座じゃね・・・。

構成、演目のチョイス、ネタの中身、技量。

全てこちらの力不足。

来て下さった皆様、どうか懲りずにまた春にお運び下さいませ。

 

肝心の手拭い、これが良いのだ、また。

自分でもお気に入り。

二宮さんが仰るには、

普段はもっと女性らしい優しい字を書くんだけど、

敢えて勢いのある強い字を書いて下さったと。

しかも手拭いの大きさ・枠からわざとはみ出すように。

それが今の僕には良いんじゃないか、と。

大きく凛々しい字で「然」の一字。

二宮さんからの提案だったんだけど、

母方の祖父が「一然」て名前で。

この祖父が落語が好きで、僕が噺家になった時

密かに喜んでくれてたらしい。

二ッ目になったらこの祖父さんの前で落語やるんだって

張り切ってたんだけど、前座修行中にさっさと遠くに

行っちゃったせっかちな祖父さん。

子供の頃からこの祖父に憧れて、

自分も歳とったらこういうジジイになりたいって

思ってた。

その祖父の名前からの一字。

偶然、ではないのかな。

墓参りもしばらく行ってないし、

今度手拭い見せびらかしに行こう。

 

9月は色々辛くて泣き言だらけだったけど

こうして有難いご縁に支えられて

どうにかこうにか生き長らえております。

寝てる場合じゃないね。

そろそろ起きなきゃ…。

|

« 足りないもの | トップページ | 告知! »

落語リハビリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324545/42229398

この記事へのトラックバック一覧です: すみません、寝てました:

« 足りないもの | トップページ | 告知! »