« エンチョウ寄席ご来場の御礼 | トップページ | 東へ西へ »

朝が怖い

早朝の電話が怖い。

曹長の電話だったらもっと怖いけど

落語界にそういう階級の人はいない。

寝るのが怖い。早起きの前夜、寝るのが怖い。

 
 

まだ入門してひと月くらいかな。

師匠宅に朝7時に行く用事があって。

それまで何一つ任されなかった自分が

初めて師匠のお供を命じられた瞬間。

緊張して眠れなくて、眠れなくて、眠れなくて…。

起きたら7時過ぎてた。

師匠宅に電話したらおかみさんの呆れ声。

すぐ謝りに行ったけどもちろん師匠は居なくて。

翌日師匠宅へ。

その頃は毎日怒鳴られてたのに、師匠は

「お前、目覚まし持ってないのか」の一言。

「今日この後買ってきな」

あんときゃ泣いた。いい歳こいて泣いた。

秋葉原行って、うるさい目覚まし買ってきた。

今も現役。

 

入門が許された直後、小圓朝兄さんに

「遅刻と嘘と卑怯な事だけはするなよ」と

きつく言われていたにも関わらずの失態。

情けなかったなあ。

あれ以来、翌日早起きだと寝るのが怖い。

その頃師匠からの連絡は電話(今はもっぱらメール)

だったから、朝方急に電話来たりすると

どんな状況でも起きた。

明日早起きしなきゃ、となるともうまるっきり眠れない。

目覚ましかけて、携帯の方のアラームもセットして

準備万端整えて、眠れない。

朝まで起きて、セットしていたアラームを解除する。

「よかった、寝坊せずに済んだ…!」

心から安心する。

その安堵感で寝て遅刻した事ある。

誰か起こしてマジで。

 

昨日はオフ。

久々にぐっすり寝た。

風邪が治ってなかったもんで。

携帯が鳴る。

あわてて起きる。

師匠からかもしれないッ…!

地元の親戚からだった。

なんだよ師匠じゃねえのかよ…。

何の用?くらいの態度。

「仕事なんだけど」

「はいぃぃっ!!空いてますぅぅぅ!!!」

前座の頃の純真さをもう一度取り戻したいわ。

|

« エンチョウ寄席ご来場の御礼 | トップページ | 東へ西へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 今夜の大阪は寒いです。
木枯らし1号になるかもしれません。

 わたしも、つい2ヶ月ほど前、寝つきが悪くて悪くて、起きたら始業20分前でした・・・ついつい、「鼻血が止まりません!」ってウソついちゃいましたけど。

 とりとめない文章で、ちょっとゴメンって感じですcoldsweats01

投稿: ぺらん | 2011年10月25日 (火) 22時26分

いい方法!?があります!

携帯電話のアラーム音を「聴かれたら恥ずかしい音や歌」にすると、恥ずかしさできちんと起きられます(^^)v

ちなみに、私の場合は金太の大冒険です☆

投稿: i | 2011年10月18日 (火) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324545/42577729

この記事へのトラックバック一覧です: 朝が怖い:

« エンチョウ寄席ご来場の御礼 | トップページ | 東へ西へ »