« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

第3回WWW御来場の御礼

8月30日、火曜日、晴れ…だったのに。

お江戸日本橋亭で開催致しました

第3回WWW興行。

御来場下さいました皆様、誠に有難うございました。

今回は“黒のヤナギヤ”柳家初花兄率いる

落語協会軍とWWW正規軍の軍団対抗戦だったため

図式がハッキリ判りやすかったかな、と。

個人的な感想としては凄く楽しかった。

好の助とのタッグ落語(二人落語)も

まさか奴があんなに言い立て覚えてこないとは!

でもそれ含めてギャグになったから、よしとしよう。

興行としてのバランスも丁度よかったんじゃないかな。

次回は来年9月5日ですってよ、奥さん。

当日の模様をたまには画像で掲載。


Photo


実に健全にプロレスを愛する姿。これぞファンのあるべき形。

Photo_2


打ち上げにて。

片手にランジェリー、くちばしにハイボール。

千秋姉さんがこよなく愛する澤宗紀選手扮する

ランジェリー武藤の、サイン入りランジェリー。

夏の夜の夢の如し。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

最後のお願いにやってまいりました!

ちーっとも更新しないというね。

申し訳ございません、としか・・・。

てことで姉さん事件、もとい告知です。

 

●8月30日 火曜日 18:00開場 18:30開始

「第3回 WWW WWW軍vsラッキョウ(落語協会)軍」

inお江戸日本橋亭

年に一度の演芸火祭り、WWWです。

プロレスを心から愛し、残滓の愛で演芸を愛する者達の会。

去年、一昨年と上野広小路亭で開催しておりましたが

今年は落語協会からの刺客が殴りこみ。

刺客の皆さんとゆったり抗争ができるようにと、

なんということでしょう!

今回はお江戸日本橋亭を会場としました。

匠のアイディアが光ります。

私は第1回から、マグナム小林総統に忠誠を誓うべく

総統の靴の底も舐める勢いのWWW軍ですので、

いや舐めろと言われたらレボリューションしますけど、

そんな事仰るボスじゃないんで。

てことで近日開催です。

  

僕は好の助とタッグ落語します。

タッグ落語って、何?

一人芸じゃないの?

とお思いかと存じます。

私もです。

でもやるのです。

落語界の邪道・外道と呼ばれるまで、

東スポさんにタッグ部門で表彰されるつもりで

頑張る所存であります。

プロレスファンの皆様、御来場お待ちしております。

落語・演芸ファンの皆様も御来場お待ちしております。

是非お誘い合わせの上お運びくださいませ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

何はともあれ

本日の日本橋亭での三人会、

御来場下さった皆様、有難うございました。

色々申し上げたい事は多々ございますが

まずは何よりも御礼を。

悔しいです。以上。

うむ。短い。これなら怒られまい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

初体験

8月5日。快晴。憎いほど快晴。

兼好兄の仕事で会津へ。

兄さんの地元。

兼好兄が真打、僕が二ッ目に昇進したての頃に

兄さんに連れて来て頂いたのがもう3年近く前。

原発事故で本当に大変な状況の福島。

神妙な面持ちでの移動。爆睡したけど。

 

3年前の会津若松での仕事は凄く楽しかった。

昇進した喜びそのままに仕事をし、

薦められるままに酒を頂き、料理を食べ、

翌日も大量にもらったおむすびを

兄さんが「お前朝からよく食うな」と

白眼視するのもお構いなしに頬張った。

ただ一つだけ、未練を残した。

帰りのタクシーの中、兄さんが色々教えてくれた。

「ほら、幟が立ってるだろ」

「ああ、あちこち立ってますね。なんです?あれ」

「ソースカツ丼が名物なんだよ」

えっ。

何で帰る直前に言うのさ!

昨日だったら吐くほど食える環境にあったのに

ソースのソの字も口にしなかったじゃない!

何故今になって!

無情に店の前を通り過ぎるタクシー。

「兄さん、また今度、お供させて下さい。あれ食べたいです」

あれから3年近くの月日。

長いようで短かった。

ソースカツ丼よ、私は帰ってきたぞ。

 

板下町(坂下と書いて、ばんげと読む)役場の方に連れられ、

役場近くの寿司屋で昼食。

寿司屋・・・だと・・・!?

カツ丼は!ソースは!名物は!!

こんな複雑な心境で寿司屋に行くの初めて・・・。

お品書きを拝見させて頂く。

「ソースカツ丼」あるじゃねえか!!

と思ったら「ソースカツ定食」もあるよ!!

兄さんの薦める定食の方を頂戴することに。

Photo

ソースがちょい甘めで、それが美味しいのね。

ようやく口にした名物。感慨深い。

宿願を果たし、意気揚々と会場へ。

 

本日の現場は会津坂下町農村環境改善センター。

つい先月末まで、避難民の方々がいらしてたらしい。

この日の企画が、蕎麦と落語。

蕎麦打ち、蕎麦の種まきなどを体験して

ついでに落語も聴いてみようという。

蕎麦打ちを趣味にする大人も多い昨今。

前からやってみたかった。

Photo


こちらが本日の蕎麦打ち師匠。

板下流の蕎麦打ちを教えて下さった。

蕎麦は十割。つなぎなし。

あとは熱湯と水だけ。

見るとやるとじゃ大違い、っていうね。

こねて団子にしてのばして切って。

その一つ一つが何とまあ難しい事か。

兼好兄と初めての共同作業。

器用な兄さんが蕎麦打ちに苦戦する様子を

楽しむ余裕も無く。

伸ばした生地が切れた罪を押し付けあいながら

どうにか終了。

 

蕎麦の種まきも体験。


Photo_2


Photo_3

Photo_4

種まき前に放射線量の測定。

蕎麦打ちの楽しさにすっかり忘れてたけど

そういう環境なのよね。

基準値以下で問題なし、だったらしい。安心。

 

体験コーナーが終わったとこで、

隣りにある糸桜里の湯にて入浴。

汗を流す。良い湯でござんした。

その後は湯上りにビールを飲んで

打ち立ての蕎麦を試食、っていう流れだったら

どんなにか至福の一日だったろう。

ビールはおあずけ。

その後蕎麦の実食。

Photo_6


兄さん曰く「製作:橘也、助言:兼好」

なんというトカゲの尻尾切り・・・!

食べ始めてから写真撮る事思い出したので

何ともみっともない姿。

ふぞろいのお蕎麦たち。

これが存外に旨い。いや、ホントに。

まあ、原材料が良いからなあ。

茹でるコツってのもあるんだそうで。

大鍋でたっぷりのお湯沸かして茹でる。

箸でかき回すのは駄目。絶対駄目。

浮き上がったらもう食べられる。

蕎麦は殿様に茹でさせろ、とさ。

餅は貧乏人に焼かせるのが良いってのと逆ね。


Photo_7


こちらは蕎麦打ち名人作。

何故テーブルを綺麗にしとかなかったのか後悔。

見事な揃いっぷり。太さね。

切り方が均一な方が食って旨いのは当たり前。

自作の蕎麦では味わえなかった

喉越しという概念をここで再認識する。

美味しくて食べ過ぎた。

 

蕎麦打ちって良いもんですね。

なるほど、ハマる人多いわけだ。

粉に熱湯注いで混ぜて、その後

水入れて団子にする。

そこまでの工程で7割、美味いか不味いか決まるらしい。

奥が深い。きっとやればやるほど面白い。

初めてでも楽しい。しかも食える。

これはご家庭でも是非、余暇の遊びに。

ホント楽しい一日でしたとさ。

 

あ、落語もやったよ。

僕は『佐野山』 兄さんは『転失気』『替り目』

地元での高座を鮮やかに勤める兼好兄。

入浴を帳消しにする汗まみれ高座の自分。

落語も観るとやるとじゃ大違い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月の御案内

昨日、7月31日の浅草演芸ホールの余一会、

御来場下さった皆様、有難うございました。

お客様の、聴き手としての持久力に

楽屋が舌を巻く会でございました。

これからも五代目円楽一門会を宜しくお願い申し上げます。

 

さて、8月の出演落語会案内をば。

まずはいつもの両国寄席。

2、3、7日に出ます。2、3はサラ口、7日は二本目です。

3日ですが、主任の六代目円楽師がスケジュールの都合で

仲入り前の出番になるようです。御本人から伺ったので

間違いない情報だと思います。

 

8月12日、金曜日。

らくごinn庚申塚「新生!二ツ目道場」

巣鴨のスタジオフォーで、四派合同の二ッ目による落語会です。

出演:三笑亭可女次、立川幸之進、柳家喬の字、三遊亭橘也

19時開演、前売2,000円

 

8月14日、日曜日。

「夏休みの自由研究~全楽・神楽・橘也三人会」 

於・お江戸日本橋亭

3回公演となっております。

【1時間目 13:00~14:30】

主任・橘也『悋気の火の玉』 フリートーク日直(司会役):全楽

【2時間目 15:30~17:00】

主任:神楽『薮入り』 フリートーク日直:橘也

【3時間目 18:00~19:30】

主任:全楽『あくび指南』 フリートーク日直:神楽

各回とも開場は開演の30分前、全て入れ替え制です。

フリートークは3人全員出ます。日直の人が

トークテーマを決めてのクロストークです。

入場料は各回とも1,000円、3部通し券が2,500円です。

お盆休み、帰省のご予定も無く、案外お暇な方々も

いらっしゃるのではないかしら。

そんな皆様のお出かけスポットになれば何よりです。

夏休みらしく、開放的で楽しい会になりそうなので

是非御来場下さいませ。いや、僕一番下っ端なんで

あんまり開放してばかりもいられないんだけど。

お問合せは03-3618-5126 へどうぞ。

   

8月16日、火曜日

おなじみ?両国エンチョウ寄席

会場は勿論お江戸両国亭

18:30開場 19:00開演

入場料1,000円、両国寄席のチケット、定期でも入場できます。

今月は好の助とまた何か遊べればと思っております。

東京かわら版より寄席芸人年鑑最新版が出ましたので

是非そちらをご持参ください。僕も買おう。

お求めは両国寄席でどうぞ。

たい好を中心に前座が喜びます。

ちなみに本家圓朝寄席は8月20日、土曜日だそうです。

そちらは谷中全生庵にて、鳳楽・好楽・圓橘という

円楽一門酒豪三銃士による落語会。

落語通の方もそうでない方もお気軽にお運び下さいませ。

 

8月21日、日曜日。

「三遊亭落語会inお好み焼き“かわなか”」

場所は渋谷、歌手・川中美幸さんのお好み焼き屋さん「かわなか

東急百貨店本店横、メガネスーパーの裏手。

17:00開店でまずはお食事、18:00落語会開演です。

入場料は3,500円(豚玉・ワンドリンクつき、追加ドリンクはワンコイン)

出演:三遊亭道楽、三遊亭橘也、三遊亭たい好

詳細はお店のリンクからどうぞ。

皆様の御予約、お待ちしております。

 

8月24日、水曜日。

月例「圓橘の会」

今月の会場は深川江戸資料館です。

となると夜席。18:30開場、19:00開演。

師匠の演目は『プールにて』(圓橘作)、『猫定』の二席。

私も楽屋で雑用したりそそくさと高座に上がったり下りたりします。

入場料は前売2,000円、当日売2,500円

お問合せ・前売の御予約は03-3643-5054(圓橘)まで。

 

8月30日、火曜日

「第3回 WWW興行」

今回は会場をお江戸日本橋亭に移して夏の祭典。

遂にWWWに外敵襲来。

黒のヤナギヤこと柳家初花率いる落語協会軍団との全面戦争です。

WWW正規軍は果たして団体のプライドを護る事ができるのか!?

一緒にメヒコ遠征をした初花兄さんとこんな形で

戦う事になるとは、運命は皮肉なものです。

昨日、浅草行ったらバッタリ初花兄さんと遭遇。

兄さんが丁度浴衣姿でバスを襲撃してるところでした。

いや、運転手さんに何か質問してたみたいだけど。

敵になったらもう兄さんとか呼ばねえぞ!

俺が都合悪い時にばっかり飲みに誘いやがって!

しかも可愛い女子と一緒とか、ふざけんな!

その眼鏡を俺の指紋でベタベタにしてやっからなオラぁ!!

今後この興行の告知のために

ツイッターをそろそろ始めようかなと思っております。

アカウント作成したらこちらで申し上げます。

以前から使おうと思ってたし、良い機会です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »