« 上海日記 その七 | トップページ | 上海日記 その九 »

上海日記 その八

4月25日。月曜日。

上海笑う劇場は月曜定休。つまりはオフ。

一日観光と決めていた。

タッツィーさん、悟郎さんの楽屋仲間に加えて

笑う劇場に出演後、中国各地でひと月の間公演をしてきた

ねんどさんと同じくワハハ本舗所属の

3ガガヘッズのお三方もご一緒してくださることに。

笑う劇場のスタッフで日本語も上手な金さんとあとお一人

女性スタッフも一緒。

金さん居れば安心。ホントこの方にはお世話になった。

 

まずはホテルからタクシーで七宝という町へ。

ここは豫園同様、下町の趣き。

Photo_15

風情があるね。

Photo_16

屋台にてウサギと亀を売るおじいさん。

どっちが早く売れるか競争してんすか。

物語で辛酸を舐めたウサギに配慮してか、

圧倒的に亀が多い。ウサギ超有利。

だがそこで油断すると二の舞なのでウサギ頑張れ。

Photo_17

串にさした苺などのフルーツの表面を飴でコーティングしたお菓子。

金さんが懐かしそうに食べてた。一個貰う。甘くて優しい味。

湯葉の揚げ春巻きみたいなやつも買って食う。

餃子も食う。なんかの揚げ物も食う。やたら食う。

ホテルの朝食はパスして正解だった。

Photo_18

川があって、そこを屋形船が流してるんですな。

風情があるね!乗らなかったけど。今度乗ってみたいですな。

 

お土産も物色。普通のお茶屋さんでジャスミン茶を購入。

お湯注ぐとふわぁーって開く、アレ。

Photo_19

どっかの店にあった。

「ディテールにこだわり」と言いたいんだろうけど

だわり、になっちゃってる。

「いしまでも新鮮な魅力を失わ」あと何?!うしなわ、何?!

いしまでも、につっこみきれない程のマシンガン誤字。

ケアレスミスにムズムズして顔が引きつることでお肌引き締め、

美顔効果があるのかもしれない。奥深い。

悟郎さんがマジック用品店を見つけ、みんなで行く。

色々あった。

Photo_20

迫真大便、だそうです。

歩いてると、急に異臭が漂うポイントが。

臭いの原因がこれ。

Photo_21

リアルちりとてちん。

チョウトウフって言うらしい。臭い。でも風情があるね!!

 

あれだけ食べ歩いたり迫真大便目の当たりにしたのに

きっちり昼食。タフな胃腸に感謝。

そういや一回もお腹壊しませんでした。

通り沿いの食堂にお邪魔。

椅子席では手狭なので奥の個室にご案内。

奥…?厨房を抜けるとそこはこんな空間だった。

Photo_22

ふ…風情があるね!!!

金さんが注文してくれる。ビールも飲んじゃうよ。

昼間飲むビールは旅先の醍醐味でございます。

食事も程なく運ばれてくる。

Photo_23

何故食べる前に写真撮らないんだと。

綺麗な状態で撮影しない自分の配慮のなさを猛省。

言い訳させてもらうなら、旨いのよ。ホント。

撮るより先に箸出しちゃったのよ。

何食べても旨い。そして量が多い。食いきれない。

向こうは残すのが当たり前らしい。

もったいない、と思いつつ昼食お開き。

 

その後3ガガヘッズさんとお別れ。

タッツィーさん、悟郎さん、金さん、劇場スタッフの子、そして僕の5人で

次なる目的地へ向かったのであります。

|

« 上海日記 その七 | トップページ | 上海日記 その九 »

落語リハビリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324545/39828945

この記事へのトラックバック一覧です: 上海日記 その八:

« 上海日記 その七 | トップページ | 上海日記 その九 »