« 上海日記 その四 | トップページ | 上海日記 その六 »

上海日記 その五

4月23日。滞在三日目。

この日で帰国する肥後ドッコイのお二人を見送るべく、

早めに起きて一階のレストランへ。

三人で朝食。

ミートボール君よく食うなあ、とか思いつつ

自分もガツガツ食う。キャラがかぶらない程度に貪る。

晴れやかな顔でホテルを後にする二人。

色々お役立ちアイテムを残してくれた。

ホワイトボードは筆談に最適。のど飴も助かる。

あとはその、うん、ここには書けない冊子!

冊子だけに察してくださいとかそういうのは言わない約束。

言ったらトイレに監禁の刑。

 

昼間はねんどさんがオファーを受けていた

ボランティアのイベントに同行。

新天地、という所へ赴く。

是非上海の町を着物で歩いて欲しいとのご要望。

仰せのままに。

 

凄くおしゃれな町並み。地元の人ってより、

よそから来た人が来る所らしい。

我々以外にも諸外国の人が多い。

イベント出演も無事こなし、日本の震災への

募金も沢山寄付して頂く。ありがとうございます。

私からもこの場を借りて御礼申し上げます。

 

その後、新天地を歩くねんどさんと愉快な仲間達。

明らかに浮いてる俺。一人だけ異形。

ねんどさんが記念に写真を撮って下さった。

Photo_11

中国ですよ、上海ですよ。

Photo_12

こっちはタッツィーさん。メンズナックル風。

伊達ワルブラックでガイアが呼んでうんたらかんたらです。

ねんどさんが上海笑う劇場を宣伝すべく、道行く人々に声をかける。

向こうでのねんど大介っていうネームバリュー凄い。

人気者。子供がサインねだってた。

中国美人に話しかけるねんどさん。

僕を見て何かお話。何て言ってるの?美女は。

ねんどさん「あなたはモデルですか?ってさ」

上海最高。

 

この日のステージは「元犬」と「寿限無」

さて、この寿限無がですね、色々と大変だったんですが

その話は次の記事にて。

|

« 上海日記 その四 | トップページ | 上海日記 その六 »

落語リハビリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324545/39828688

この記事へのトラックバック一覧です: 上海日記 その五:

« 上海日記 その四 | トップページ | 上海日記 その六 »