« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

いってきます

現在4月20日夜。

21日朝より、中国は上海に行って参ります。

帰国は27日の予定です。

二度目の海外。仕事以外で行った事は無い海外。

どうなりますことやら…。

 

楽生兄さんにご紹介頂いてのお仕事。

落語界一の中国通である兄さんから

「だいじょぶだいじょぶ、上海都会だから」という

ざっくりした励ましのお言葉を頂戴しております。

大丈夫、なの?

事前に調べたりしようとも思いましたがやめました。

一応週間天気予報だけ。暖かいのね。ちょい暑いかも。

着物は絽でよかったかもしれない。

上海蟹、という言葉は聞いた事ある。あと、なんだっけ?

中国は広いからね。

水が合えば良いけど。一応ストッパは持参。

メキシコ行きの時も持ってった。

六代目円楽師からストッパ持ってけよとのお言葉頂いたので。

あの時は何事もなく。

 

チケットは空港行って窓口で

パスポート見せればそれでいいんだって。

そういうもんなんだ…。時代の進歩についていけないよ。

携帯は使えるらしいけど油断するとべらぼうに料金取られるらしい。

デジカメも持ってないので、せめて携帯で写真くらいは撮ってきます。

帰国したらここに載せたりするんじゃないかな。

普段写真を掲載しない無味乾燥としたブログなので。

 

早めに寝て、早めに空港行く事にします。

さっきまで寝てたけど。

それでは行って参ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

呼び出し

相撲の話じゃないです。

 

余震がまた活発になり、不安な日々ですが

お加減は如何でしょうか。

携帯のアラームが何より怖いチキンハート様です。

俺の名を言って頂いても宜しいでしょうか、あ、やっぱいいです、

くらいのハート様です。あ、それジャギだ。

記憶が不鮮明になるくらい不安です。

 

そんな中、昨日12日は両国寄席。

今月は楽大の二ッ目昇進披露。

昨日は出番もないのに集金…もとい、

昇進の挨拶に来てた楽大に祝儀を渡す。

前座が少ないから太鼓番をしていた楽大。そうでなきゃダメよ。

 

いつもの噺、分かりやすい噺をと思い

やり慣れた『都々逸親子』でご勘弁頂く。

その後は袖で正雀師の『一人酒盛』やら

談幸師の『手紙無筆』やらを堪能し

そろそろ帰ろうと思ったら好吉が

「兄さん、正雀師匠がお呼びです」

?!

なんで…?何か悪い事した?不謹慎発言あった?

それともこないだ偶然お会いした東海道新幹線、

貴様如きが新幹線を使うな、的な?お叱り?

 

おずおずと師匠の待つ楽屋へ。怖い。

正雀師「まあ、ここ座って」

椅子に座る。どうしよう、御社の営業方針に、とか

そういうの言えばいいの?ネクタイ見て話すの?

 

正雀師から、僕の今日やったネタについて、

色々ご指導を賜った。聴いて下さってた。

こんな嬉しい事はない。他派ですよ。どうでもいい他派の若手。

僕がどうなろうがのたれ死のうが関係ない。

そんな僕に時間割いてご指導下さるってのは、これはもう、

本当に有難い事ですよ。貴重なアドバイス頂戴しました。

 

正雀師に改めて稽古のお願いも出来た。

これを機会に色々教われたらいいですな。

師匠、本当に有難うございます。

 

今日は日本橋亭にて全楽師の独演会。

全楽師も、僕の高座を聴いて下さって、

細かい所までアドバイスして下さる。前座の頃からずっと。

それなのに中々良くならない僕がね、もうね。

いつか褒められるような高座をしてみたいもんです。

今日?あー…はい、善処します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上石神井駅前寄席

4月10日。大分暖かな陽気。

第60回 上石神井駅前寄席 於・上石神井 居酒屋『和』

初めての場所。

ご一緒させて頂いた、立川談修兄さんの紹介で。

談修兄さんとご一緒するのは去年の

NHK新人演芸大賞の予選会以来。

同じ組だった兄さんは、予選の後

同じ組で戦った者を食事に誘って下さった。

試合が終わればノーサイド、何という紳士。

U系レスラーのような爽やかな兄さんに連れられ渋谷の街へ。

そこで兄さんから場に居た者達に

「次は本選で会おうな!みんな!」

というお言葉を頂いた。

ああ、こういう人になりたい、かっこよくなりたい…!

兄さんを心から尊敬した。

その後一緒に帰宅。家が近い事が判明。

ますます抱く親近感。芸歴は倍以上、兄さんが上なのに

それを感じさせない気さくさ。

また本選でこの兄さんと、今日の皆さんとご一緒したいと思った。

 

談修兄さんだけ本選行っちゃってんの。

 

そんな大好きな兄弟子のお声かけ。嬉しいもんです。

下の者として、他派の先輩方に覚えて頂いているのは

凄くありがたいし嬉しいです。

 

上石神井まで行こうとアクセス調べたら

自宅そばのバス停から行けた。めっちゃ近い。

会場は上石神井駅前の居酒屋『和』

仕事抜きでふらっと寄りたくなるお店だった。

いっつもそうだよ、仕事で行くとこ。

これで仕事じゃなきゃいいのにな、っていう。

仕事だから来させてもらえてるんだけど。

ご店主からショートホープの品薄状態について

お話を伺ったりしてる内にそそくさと開演。

国産の煙草、大変なんすね。

僕はアメリカンスピリット吸ってるのでその辺は大丈夫。

それより金額で圧迫されっぱなし。止めないよ?

 

節電の一環としてか、この日は出囃子無し。

まだあんまり馬鹿騒ぎするのもね、ってのもあるのかも。

噺家になって初めてかな、出囃子鳴らさずに上がるの。

これから下らない噺をするとは思えない厳粛な入場。

被告人が裁判官の前に立たされるような雰囲気。

 

兄さんと私で二席ずつ。

談修兄『蛙茶番』 私『佐野山』

仲入り後、私『花見酒』 談修兄『人情八百屋』

兄さんに佐野山を褒めて頂いた。

お客さんも楽しそうに聴いて下さった。

良い会でした。

 

他派の方々とご一緒できる仕事、もっとしたいですな。

ああいう場は凄く楽しい。色んな勉強になる。

自分がやる噺でもちょっとずつ違ったり、

生で聴いた事無い噺が聴けたり。

楽屋にいるだけで楽しい。

先日の浅草、円楽一門会興行の楽屋で鳳楽師匠が

「人の落語聴いてるの楽しいなあ」と

嬉しそうに太鼓部屋で高座聴いてたけど、そんな感じ。

楽しいですな、落語。

ましてやそれがよそのご一門の先輩とくれば。

またご一緒したい!と思う間もなく

次回の予定が決まりました。

9月11日、日曜日。

上石神井駅前寄席。談修兄さんとまたご一緒させて頂きます。

 

主催者の松田さん、居酒屋『和』の皆さん、

そして談修兄さん、有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近況

日々生きてます。細々と生きてます。

体も細くしたいです。

入門前は今より15kgくらい少なかったはずなんですが。

何がどうした事やら。はて。

 

仕事もボチボチと。

昨日8日は栄楽師の独演会に助演で出させて頂きました。

好の助も一緒。

たかられました。ギャラが霧散しました。

好の助と錦糸町に飲みに行ったりとかそういうのはしてません。

あれは昔の話。お酒も適量を遵守するようになりました。

大人の階段登ってるね。

好の助はたかり上手なので困る。

彼のブログ見たら犯行予告までしてやがった。

渋谷は焼き鳥屋が多いのね。

ここ最近渋谷に何度か行って、田舎者特有の

大都会恐怖症が薄れました。もう東京来て何年になんだよ。

楽しく飲めたのは彼のおかげ。今度は割り勘な。

 

栄楽師の会、会場が乃木神社だったんですが

入り口の枝垂桜が実に綺麗でした。

枝垂桜、好きなんですわ。

いつからだろ。大学のキャンパスで見た時からかな。

師匠、圓橘宅そばの公園にも枝垂桜がありまして。

前座の頃は、あれをよく眺めておりました。

師匠に怒鳴られ、花吹雪がぼやけて見える日もありました。

 

本日9日、井の頭公園に桜を見に行きました。

酒宴に興じる人は少ないけれど人出は変わらず。

あそこの枝垂桜はちと元気がなく。

一本だけあるんです。それを毎年、一人で見に行きます。

なるべく長生きして欲しいもんです。

 

ダンベルを購入しました。

とりあえず今日で三日。

明日からやらなくなったら坊主です。

これで痩せて、夏のビーチで視線を釘付けにしてやる計画。

そして声をかけてきた冴えない男を鼻で笑って

トロピカルジュースを飲んだり

ちょっぴり素敵なオジサマにキュンとしたり、はしません。

そもそも何年も海に行ってません。

痩せるかな。ダンベルで。

痩せなかったらそれを元に小説書いて

「ダンベれども ダンベれども」っていうタイトルにして

適当に落語からめたら映画化までもっていけるかね。

国分さん辺りが主演してくれますかね。

ポプラ社が賞くれますかね。

ああ、タイトルローマ字にしないとそれは駄目か。

 

明日は立川談修兄さんとご一緒させて頂きます。

他派の先輩との仕事は楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月の予定

不安はまるで拭えませんが、それでも生きております。

今月もそこそこ活動してみます。

 

●4月10日 日曜日 

 上石神井駅前寄席

 14:30~16:00 於・上石神井 居酒屋「和」

 出演・立川談修、三遊亭橘也

 談修兄さんからのお声かけです。

 初めて行く会なので私も緊張しております。

 二席ずつやる、と思います。

 

●4月12日 火曜日

 いつもの両国寄席、サラ口です。

 地震で破損しても健在の両国亭。

 大きな柱が守ってくれます。お気軽にどうぞ。

 

●4月13日 水曜日

 全楽師匠の独演会に出させて頂きます。

 場所は日本橋亭です。

 

●4月16日 土曜日

 月例、むさし坊神田寄席

 15:00~ 於・むさし坊神田西口店

 出演:三遊亭圓橘、三遊亭きつつき、三遊亭橘也

 詳しくはこちら

 

●4月16日 の夜

 両国エンチョウ寄席 19:00~ 於・両国亭

 楽大二ッ目昇進披露興行です。

 

んで、この後の予定なんですが、

21日から一週間ほど、中国に行きます。

遊びでも疎開でもなく、仕事です。

バイトでも副業でもなく、落語です。

以前六代目に頂いたメキシコ公演以来の海外遠征。

楽しみであります。

そんな感じの4月。

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

四月初日

この歳になると、っていう言い回しは

私より年長の方々からすれば

その歳で何言うか、ってなもんでしょうが

それでもそう思うくらいにはなりました。

で、この歳になると、月日の経つのが早い。あっという間。

寄り道なんかしてたら置いてかれますよ、すぐに。

歩いて帰るのは震災の日にやったので遠慮致します。

だけど3月は長かったですね。長かった。と思う。

そんな3月も過ぎ、4月初日です。

今日からまた、地道に生きていきます。

毎月初日は必ず近所の八幡様へお参りします。

今日もこれから。からの師匠の鞄持ち。

圓橘一門は新弟子を募集、してるかどうかは

師匠とおかみさんに聞かないとわかりませんが

少なくとも僕は大歓迎します。

まるで鞄持ってくのが面倒でそう言ってるみたいですが

そうじゃないんですよ、崇高なですね、理念に基づいた、その・・・。

嘘じゃないんですよ。ええ。

 

エイプリルフールがどうのこうのっていう、

あれ、誰が得するんだっていう。

この日は嘘をついてもいい日っていうか

「みんながやたらとボケたがる日」ですよね。

しかもつっこむのが億劫なタイプのボケ。

私は遠慮致します。

 

ヘルシアウォーターが好きです。大好き。

単純に飲料として、味が好きなんです。

ヘルシア緑茶じゃないの、ウォーター。

ほろ苦くてスッキリした味わい。

僕の中ではポカリ超えた。ヘルシアウォーター万歳!

 

水の買占めでスーパー等が殺気立った頃、

店の飲料コーナーで誰も手を出さずに残っていた

ヘルシアウォーターの山。

してみりゃダイエットなんてそんなもんだよな、っていうね。

普段から痩せたいだのなんだの、

体に悪いからカップ麺は子供に食べさせませんみたいな連中が

籠いっぱいにそういうもん入れてくんだから。

世間が水の買占めに走るなら、私はヘルシアウォーターを

独占させて頂きますよ。G馬場さんを思い出しますよ。

 

昨日、3月31日は、浅草演芸ホールにて円楽一門会。

私は出番もないのに行きました。師匠の鞄持ち。

圓橘一門は新弟子をry

本日4月1日より二ッ目昇進の楽大が楽屋ではしゃいでました。

記念写真撮ってました。

黒紋付からピンクの服にかえて、

よく笑うかみさん貰ったらいいんじゃね。

落語より人の誕生日覚えなきゃいけないから大変だけど。

彼の高座を聴きに、是非両国寄席にご来場くださいませ。

彼の披露目を致します。13日は師匠、六代目円楽師も出るそうです。

私は12日に出ます。楽大も六代目円楽師もその日は出ません。

あしからず。

 

その一門会で、先輩後輩、無事再会できたのが嬉しかった。

きつつき兄さんの顔見たら無性に懐かしく感じて、凄く嬉しくなった。

兄さんは鬱陶しい奴が来た、みたいな感じだったかもしれないけど。

小圓朝兄さんに、浅草の楽屋あちこち案内してもらった。

兄さんも懐かしそうだった。行って良かった。

終演後、お客さんに「あれ?橘也君、何しに来てたの?」

って言われてちょっと涙が出そうになったけど、行って良かった。

 

楽之介師匠に「お前、太ったなあ・・・」って言われてもっと涙出た。

ヘルシアウォーター飲もう。ひたすら飲もう。

味が好きなんです。それだけなんです。

追加効果は二の次です。嘘はついてません。

エイプリルフールには興味ないです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »