« 2月両国エンチョウ寄席 | トップページ | 宣伝 »

ご来場有難うございました

2月16日、水曜日。両国エンチョウ寄席。

まだお寒い中、円楽一門若手の勉強会に

お付き合い下さいました皆様、有難うございました。

以前は両国寄席中に二ッ目勉強会の日があったりしたのですが

今はこのエンチョウ寄席がそういう位置づけです。

二ッ目ですと、寄席ではあまり長い噺もできませんので

こういう機会にのびのび勤めさせて頂いております。

緊張はしてるんですが、要らぬ緊張をしてない分だけ

楽しんでおります。

 

昨日の演目は

好吉『子ほめ』 好の助『伽羅の下駄』 鳳笑『饅頭怖い』

サンポウさんのコント 橘也『佐野山』

でございました。

 

伽羅の下駄って初めて聴いたけど、なんだろう、

『火炎太鼓』を駆け足で聴いた様な気になる噺?

ああいう「そのダジャレ言いたいだけだろ」みたいな噺って

作った人、思い付いちゃった人の

喜びとか噺として整えようと苦労した姿が

何となく目に浮かぶから好き。『茄子娘』とか。

 

鳳笑が凄く楽しそうだった。びっくりした。

二ッ目になって、結婚もして、人生謳歌してます!っていう感じ。

幸せなんだろうなあ。薬指の指輪が輝いてやがる。

「私よりカミサンの方が働いてますから!」

だってさ。リアル厩火事。

「最近はゴミの分別もするようになりました!」

って、今までどうしてたんだよ。

 

「期待の新人」(好吉談)サンポウさんのコントも

初めて観た。

期待の新人は私よりずっと早く楽屋入りして稽古に励んでた。

好吉にお茶持って来させたり、好吉にオチの段取り考えさせたり

台本が頭に入らないとぼやきながら楽屋で東京かわら版読んだり

開演前に近所でつけ麺食べて苦しくなったりetc.

流石大型ルーキー。風格すら漂う。

他ではコントやらないみたいなので、

ご覧になりたい方は是非エンチョウ寄席へお運び下さいませ。

 

私は道楽師匠に教わった佐野山。

無駄に長くなってすみません。

つい色々喋ってしまって。

前からこの噺やりたかったんだけど、

覚えてさあやるぞと思ったら八百長問題勃発。

このタイミングがもう八百長なんじゃねえかってくらい。

インサイダー取引のような。

偶然ってのは恐ろしいです。

やってて楽しいです、これ。

これからちょいちょい高座にかけてみよう。

 

4月16日のエンチョウ寄席にまた出演します。

その日は楽大の二ッ目昇進披露。

皆様お運びの上、祝福してやってください。

|

« 2月両国エンチョウ寄席 | トップページ | 宣伝 »

落語リハビリ」カテゴリの記事

コメント

佐野山の話、「つい色々しゃべって」の部分を聞きたかったですね。
今のタイミングで、どうまとめられたのですかね?
 キノコは八百屋・スモウは八百長。

投稿: 島の医者になって | 2011年2月18日 (金) 15時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324545/38906966

この記事へのトラックバック一覧です: ご来場有難うございました:

« 2月両国エンチョウ寄席 | トップページ | 宣伝 »