« 博多天神落語祭りレポートつづき | トップページ | 生存報告と今後の告知 »

祝・三遊亭鳳笑二ッ目昇進

「いい加減ブログ更新してくださいよ」と好の助に怒られた。

先日行った三島での落語会にて世話人の方が

僕と一緒に来た好の助のプロフィールを紹介してくれたんだけど

「三遊亭好の助さん・・・えー、彼は橘也さんのトモダチで・・・」

友達じゃないです、後輩です(◞‸◟)

いや、友人少ないので、じゃあ友達でいいです。

同業者として数少ない、気楽に付き合える男です。

そんな彼からのお叱りなので更新します。

 

博多の話はもういいかしら。

最終日は自分にとって凄く良い事が二つあったんだけど、

ま、いいや。

志の輔師匠の偉大さと、博多の街の素晴らしさに感激したです。

前者は僕の心の中に、後者は僕と一太郎・好吉の胸の中に

留めておこう。とにかく良い事あったですよ。

 

11月16日。すっかり寒く、電車を待つホームでも息が白い。

両国エンチョウ寄席、於・お江戸両国亭。

二ッ目勉強会という位置づけの会なのだが、この日は特別。

一門の新二ッ目、鳳笑の披露目。

出演者は鳳笑、兼好兄、王楽兄、きつつき兄、好の助、好吉、と僕。

エンチョウ寄席とは思えぬ大入り。

毎月16日にやってるんです、これを期に皆様覚えて下さいまし。

そしてまた来て下さいまし。

 

まだ僕も前座の頃、入門してきた鳳笑。2006年4月、だっけ?

きつつき兄が二ッ目に昇進して僕がたて前座になってからは

彼にも随分嫌な思いをさせたんだと思う。

彼は器用じゃない。楽屋仕事もそつなくこなす、とはとても言い難い。

それまできつつき兄におんぶに抱っこだった自分に

後輩の面倒をきちんと見られる程の余裕なんて無く、

彼がしくじると随分酷い言い方で怒った。

自分なりに教えたつもりだけど、言い方って大事なんだよね。

例え正しい教えでも、言い方が腹立つと

それを素直に聞く気になれない。

自分もそういう経験何度もあったはずなのに、

いざ自分が教える立場になるとあのザマか、っていう。

それでも彼は僕を避ける事無く、一緒に楽屋で働いた。

きつつき兄にも言われたし、実際自分も思ってたけど、

彼は本当に性根が優しい。先輩にも後輩にも。

むしろ僕の方が世話になってたんだと今にして思う。

 

前座勉強会を一緒にやったりもした。

松幸兄、僕、当時かっ好(現好の助)、鳳笑、楽大の5人で。

自分は覚えたネタをやるのに手一杯だったけど、

鳳笑は色々マクラやクスグリを工夫したりして、楽屋の爆笑さらってった。

時折手酷い下ネタ、というか半分以上下ネタ混じりだけど。

普段の高座では愚直に前座噺やってたのに、

彼なりにきちんと考えている姿が見えた。

自分ももっと頑張らなきゃなあと思ったっけ。良い刺激だった。

 

自分が昇進して、好の助も一緒に上がったのでその後は

彼がたて前座。随分苦労してたみたいだった。

「ここ(楽屋でたて前座が座る所)に座って兄さんの苦労が解りました」

って言われた。

自分なりに経験談を話した。彼も素直に聞いてくれてた。

彼がたて前座になってから、楽屋が明るくなった。

前座が楽しそうに働いてる姿を見て、自分のせいで

楽屋が暗かったのかな、と猛省した。

全て彼の人徳、そして僕の不徳の致すところ。申し訳ない。

 

4年半、前座修行に費やしたそうだ。

うちの一門としては長い方。

昇進と同時に、長い事付き合ってた女性と入籍したそうだ。

結婚を決意した経緯を昨日の会の後に電車で聞いたんだけど

彼らしい、素敵な話だった。つくづく心の綺麗な奴め。

 

19時、エンチョウ寄席開演。

前座の好吉『つる』、好の助『初音の鼓』、僕『義眼』

きつつき兄『代書屋』、兼好兄『紀州』でお仲入り。

それぞれがマクラで鳳笑の思い出を語る。

そのエピソードを出力するだけで笑い話になる鳳笑の魅力。

仲入り後、披露口上。

二ッ目の分際で口上、とか野暮な事言わないであげて。

まだ話し足りない彼にまつわるエトセトラを披露する一同。

何故か三本締めの音頭を新二ッ目自ら。

また堂々とやっちゃうのな。

「退屈だったのでちょうどいいです」ってなんだよ。

口上後、王楽兄『鼓ヶ滝』、主任鳳笑『鮑のし』でお開き。

21時撤収の会場なのに21時半くらいになっちゃった。

長々お付き合い下さったお客様、遅くなりまして申し訳ございません。

そして本当に有難うございました。

 

終演後は、兼好兄のお客様がお祝いのために

打ち上げの席をセッティングしてくださってたのでお供させて頂く。

はしゃぐ一同。楽しい宴席。有難うございました。

 

実に愛されてる男だ。

暫くはあちこち呼ばれたり、新婚だし、色々忙しいんだろう。

可愛がられるのは才能の一つ。自分には無い。

敵を作るのは得意なんだけど。そういう願望は別に無いんだけど。

 

彼も僕と同じ静岡県出身。

いつか地元の会に彼も呼びたい。一緒に仕事したいもんだ。

その時はちゃんとギャラ払うから、誰か独身の女性紹介してよね。

カミサンの友人とか居るだろぉ!

これ以上鳳笑に

「兄さんもてないっすね^^;」みたいな目で見られたくない(◞‸◟)

|

« 博多天神落語祭りレポートつづき | トップページ | 生存報告と今後の告知 »

落語リハビリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324545/37708768

この記事へのトラックバック一覧です: 祝・三遊亭鳳笑二ッ目昇進:

« 博多天神落語祭りレポートつづき | トップページ | 生存報告と今後の告知 »