« 上を向いて歩くと涙が出る | トップページ | 年に一度の »

六代目のご命日

携帯から更新してみよう。
レイアウトが汚くなるけど。
こっちに慣れたら更新頻度
上がるかもしれないし。

9月3日、快晴。
六代目円生師匠のご命日。
落語って凄い、と
初めて教えられた円生師の高座。
円生師聴かなかったら
この商売選ばなかったかも
しれないわけで。
ご恩返しはお墓の掃除
くらいしかできないわけで。
前座の頃からこの日は必ず
朝早くに掃除に行く。

毎年この日は快晴。
晴れ男だったのかしら。
汗でグショグショになる。
円生師は汗っかきが
嫌いだったらしいから
さぞかしお怒りなんだろうなあ。
申し訳ございません。
お寺の周りにはお店とか
ないから、前座の頃は
きつつき兄さんに飲み物を
多めに買って貰ってたっけ。
そのコンビニも無くなってた。

9時半にお寺へ。
先代の円楽師が健在の頃は
一門が集まる数少ない機会
だったんだけど、
今年は誰にも会わず。
思いがけず円生師独占。
今アメリカ公演中の
うちの師匠の無事を
祈ったりしてみた。

しかし寂しい。
こういう日くらい
みんなで集まるとか
したらいいのに。
考え方が古いのかね。
家族意識みたいなもんは
二の次なのかね。
自分は古くてもいいです。
あんまり寂しかったんで
たて前座の鳳笑に電話したら
「1日に鳳楽一門は行きました」
あ、そう。
他の皆さんもそれぞれで
行かれたようで。

はっ!
まさか!
僕だけ仲間外れ?村八分?
そういう古い考え方よくないぞ!

|

« 上を向いて歩くと涙が出る | トップページ | 年に一度の »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

好の助さんのブログにも書いてありましたね。

あの、前にもコメントしたのですが、お線香はやっぱり日本香堂なのかしら。

投稿: 太公望 | 2010年9月 4日 (土) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324545/36532416

この記事へのトラックバック一覧です: 六代目のご命日:

« 上を向いて歩くと涙が出る | トップページ | 年に一度の »