« ギロッポンの夜 ロッカペラの夜 | トップページ | 裸の付き合い »

月並みな事しか言えないんですが・・・。

6月11,12,13日は師匠とずっと一緒の三日間。幸か不幸か。

 

11日は両国寄席。圓橘一門勢ぞろいでした。

全員集合って意外と無いのよね。久々。

師匠は風邪引いてたらしく、高座勤めて

ご子息に貰ったというイタリア製の服自慢して颯爽と帰還。

師匠は『三十石』

噺の途中で太鼓入れるんだけど、それは僕の役目。

以前小朝師匠がプロデュースなさってた

大銀座落語際で師匠がこれやった事があって。

当然鞄持ちで僕もついて行って、太鼓入れて。

お囃子のお師匠さんが身を乗り出して師匠の高座を

見つめて下さってた。満員のお客様も拍手喝采で。

師匠の噺終わって着物畳んでる時、僕の手が震えてたっけ。

この人の弟子で良かった、って心から思えた瞬間だった。

そんな思い出には特に浸る事も無くこの日の両国は終了。

いつか三十石やりたいなあ。いつか、ね。

 

本日6月12日は深川東京モダン館にて深川落語会。

師匠と僕だけ。

モダン館さんには正月以来お世話になりっぱなし。

常にどうしたらより良く落語会ができるか考えて下さってる。

暑い中、大勢お運び下さいました。

僕が『ちりとてちん』師匠が『悋気の火の玉』『寝床』

糸井重里さんって落語がお好きなんだそうだ。

で、中でも『寝床』は一番演者の個性が出るから好きって

どっかで言ってたような記憶。違ってたらごめんなさい。

三遊亭圓橘の『寝床』は最高です。

弟子が言うのもみっともないんですが最高です。

まだ聴いた事無い方は是非。お薦め。

 

今日来て下さったお客様で、

僕に差し入れして下さった方がいらした。

遠方からおいで下さったとのこと。

とても素敵な焼酎用の器を頂いた。

僕には勿体無い。こんな僕に・・・。

ブログもご覧下さってるようで、入浴剤まで・・・。

 

頂いた品物も心から嬉しいんだけど、何より

遠くからわざわざこの暑い中来て下さったのが嬉しい。

よくお客様から「楽屋に行きたいんだけど何持ってけばいいの」

って聞かれる。

来て下さるのが一番嬉しいんです。本当に。

お金出して何かを観る、聴く、ってのはお代以上に

体力も気力もいる行為だと思うんです。

寄席の常連さんとか、毎日のようにいらしてると

こっちもそれが当たり前なんじゃないかと錯覚しちゃいがちだけど

そんなの論外なわけで。それがどんだけ有難いか。

これから暑い夏、の前に梅雨が来るわけで。

雨の中でもお客様は来て下さる。

改めて、一期一会だなって思った次第です。

 

本日差し入れを下さったお客様、

お名前も伺わず、失礼致しました。

本当ならすぐにでもお礼状を出させて頂くのが筋なんですが。

ご連絡先もわからないので、

この場を借りて心より御礼申し上げます。

素敵な物を、そしてご来場、有難うございました。

 

明日もモダン館で師匠と一緒。頑張ろう。

|

« ギロッポンの夜 ロッカペラの夜 | トップページ | 裸の付き合い »

落語リハビリ」カテゴリの記事

コメント

最近読みやすくなりましたよbleah
またなぞかけで遊んで下さいねflair

投稿: その心は! | 2010年7月 3日 (土) 16時21分

この間はおつかれっすsign03
ポスター出来上がってきましたよ
物凄く楽しみにしてますよsmile

今年も一歩落語の会をやりたいと思うんですがいつもといっしょで10月の頭ぐらいを
予定してるんだけど
今回は
好の助くんといっしょにと思ってます

空いてるときに、また連絡ちょうだい。

お仕事
頑張ってくださいhappy02sign03

投稿: 一歩のマスター | 2010年6月19日 (土) 12時21分

12日は楽しいひと時をありがとうございました。
お手紙を書きましたが、乱筆乱文どうかご容赦下さいませ。

投稿: Hello my Superstar! | 2010年6月15日 (火) 11時30分

良いファンをお持ちになっていたのですね。読んでいて同じファンとして私も嬉しく思いました。寝床、挑戦してください。

投稿: 太公望 | 2010年6月13日 (日) 00時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324545/35225363

この記事へのトラックバック一覧です: 月並みな事しか言えないんですが・・・。:

« ギロッポンの夜 ロッカペラの夜 | トップページ | 裸の付き合い »