« 月並みな事しか言えないんですが・・・。 | トップページ | 恒例行事 »

裸の付き合い

演芸会にプロレス好きは多い。

僕もその一人である。

高校生の頃初めて観た全日本プロレス。

ジャンボ鶴田率いる鶴田軍vs三沢光晴率いる超世代軍の戦い。

ジャンボさんのキチンシンクが凄い迫力で・・・。

あの一発で心奪われたっけ。

噺家になって、プロレス好き芸人の多さに驚いた。

そんな素敵な皆様と過ごしたここ数日。

 

6月26日、土曜日。

マグナム小林兄さんと、ラッシャー木村さんのお別れの会へ。

於・ディファ有明。

僕がリアルタイムで観る事が出来たのは、

試合後にマイクパフォーマンスをする温和なラッシャーさんだった。

高校生の頃に買った、プロレスライター・門馬忠雄氏の

著書を紐解いて、かつて金網デスマッチの鬼だった事を知った。

団体を渡り歩き、戦い続けたラッシャーさん。

後輩にも随分慕われていたそうだ。

盟友であるアニマル浜口さんも

「決して人の悪口も、愚痴もこぼさない人でした」って仰ってた。

人格者だったんだなあ。

献花をさせて頂いた。

でも寂しい会だったなあ。

昔の映像とかもビジョンで流せば良いのに。

色々難しいのかな。でも寂しいな、って思ってしまった。

 

6月27日、日曜日。

落語協会の柳家初花兄さんのご紹介でお仕事をさせて頂いた。

三升家う勝兄さんからのお仕事。於・溝の口。

高座は初花兄さんと私。

初花兄さんは『芝居の喧嘩』、私は『啞の釣』を。

 

初花兄さんは、去年六代目円楽師のおかげで

一緒にメヒコに行ったご縁で、以来お世話になってる。

道中随分お世話になった。色々教えて頂いた。

僕の大好きな先輩の一人。

この兄さんもプロレス大好きっ子。

そもそもメヒコに行ったのも、六代目が

向こうで本場のルチャを観たいだろうと、プロレス好きの

芸人を選んで下さったから。趣味って大事だなあ。

プロレスだけでなく、初花兄さんのお話は面白い。

後輩が言う事じゃないけど、兄さんの面白いと思うツボが

僕の好みと近しいんだと、勝手に思ってる次第。

仕事終わって喫茶店で沢山お話させて頂いたけど

あのままずっと居たいくらいだった。

兄さん、いつも有難うございます。大好きです。

僕はそんなゲーム絶対やらないっすけどね!

 

6月29日、火曜日。

好の助が我が家に来た。

来たる9月7日、去年に続いてプロレス好き芸人による

演芸会、WWWの興行が決定。

ラッシャーさんのお別れの会に連れてって頂いた

マグナム小林兄さん、いやマグナム総統率いる

プロレス好き芸人集団による演芸会。

去年の旗揚げ興行は、昨年亡くなった

三沢光晴氏の追悼興行とさせて頂いた。

今年も去年に引き続き、リビング・レジェンドである

ザ・グレート・カブキさんがゲストで出て下さいます。

 

その興行のチラシに載せる写真を好の助と撮る事に。

円楽党から出場するのは私と好の助。

狭い我が家で男同士、カーテンを閉め切って

半裸になって写真を撮り合う。きもちわりい。

どんな写真になったかはチラシが出来てからご確認下さい。

WWW公式ページはこちら

 

カブキさんの語るエピソードって本当に面白い。

あれだけの修羅場を潜ってきている人の話には

本物の凄みと迫力がある。でもユーモアもたっぷり。

プロレスファンは必聴。プロレス知らない若い人にも

聞いて欲しいとか思う。人生訓として。

WWW興行まで待てない方は是非カブキさんのお店へどうぞ。

飯田橋で居酒屋をやってらっしゃいます。

お店の詳細はこちらをご参照下さい。

 

9月7日、上野広小路亭にてお待ちしております。

・・・なんか久々にまともな宣伝だなあ、おい。

|

« 月並みな事しか言えないんですが・・・。 | トップページ | 恒例行事 »

落語リハビリ」カテゴリの記事

コメント

仲良し好の助さんとの写真撮影、一体どんな様子だったのでしょう、興味津々の私です。

投稿: 太公望 | 2010年6月29日 (火) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324545/35570217

この記事へのトラックバック一覧です: 裸の付き合い:

« 月並みな事しか言えないんですが・・・。 | トップページ | 恒例行事 »