« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

シャバの空気はやっぱうめえや

4月25日。

久々に仕事。

仕事と言うにはあまりにも、だけど。

愛して止まない全楽師匠のお客様のご自宅での落語会。

第1回目は師匠と前座で私だったっけ。

今回は3回目。

元々怪我してなければ高座勤めさせて頂く予定だったが

自分の不始末でこうなってしまったので、

師匠にすぐ連絡した。行けなくなりました、申し訳ございません、と。

「てめえこの野郎」かと思ったら師匠は

「じゃあ太鼓だけでもやってくれよ」

この会はお囃子を生演奏で入れる。

三味線のお師匠さんと、こちらの御宅に太鼓があるので

それを使わせて頂く。

奥様が太鼓教室おやりになってるそうだ。

自宅に立派なホールがある上に太鼓も揃ってるなんて

まるで落語会のためのお家。また音響がいいんだ。

僕が落語やったんじゃうるさくてかなわん、てくらい綺麗に響く。

で、そのお囃子の太鼓番で行く事に。

要らないんですよ。私行く必要無いんですよ。

お前使えねえな、でおしまいですよ本来は。

まあみなまで言うな、と。また野暮になるといけねえ。

 

番組は師匠二席、あと立川志の八兄さん。

私と三味線の小池あや師匠は御簾内で。

客席の一番後ろにその区画があるのでじっくり高座聴けた。

客席で聴く事って無いから新鮮だったなあ。

酸素ボンベもってった方がいいんじゃないの、

っていうくらいお笑いになるご婦人。

ニヤッと笑うおじ様。

いいお客様だったなあ。自分も上がりたかった。

 

終演後の打ち上げでも主催の岡田さんは

嬉しそうにお話なさってた。落語大好きなんだなあ。

音楽も造詣が深い方なのでその話も。

人生楽しいですよ、っていう言葉は心から出た台詞だろうなあ。

 

駅まで車で送って頂いてる時に主催の岡田さんが

「うちで寄席やるの夢だったんです。やりたいなあって話してたら

師匠と知り合えて寄席やる事ができた。

やっぱ夢は話さないと叶わないですね」

そういう事を言えるだけ人生謳歌してらっしゃる。

自分も「いや僕はクソ虫ですから」とか

言ってちゃダメだな。

自分のしたいこと、望みはもっと出さなきゃ。

えーと、彼女が欲しい。

日曜の吉祥寺とかウキウキした男女多すぎ。ちくしょう。

それとなんだ、山下達郎さんに一度でいいからお会いしたい。

あとなにかな、痩せたい。

またメキシコ行きたい。

猫に好かれたい。

もっと簡潔にブログ書けるようになりたい。

プロレス観に行きたい。ノアがいい。

燃えるゴミ出す日を忘れないようになりたい。

ダメだどんどんみみっちくなってる。

でも一番は、早く高座上がりたい。もうそれだけ。

 

やっぱ引きこもってちゃダメだわ。

外に出なきゃ。

怪我だからって家にこもってちゃダメだ。

復帰一発目が全楽師匠の、岡田さんの会で良かった。

この恩は忘れちゃダメだ。

それとやっぱりブログ短く出来ないや。ごめんなさい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

引越しと上司の来訪は年末大掃除並の効果がある

好の助に「ブログ更新してないすけど調子どうなんすか」

という質問をもらった。

お前は直接聞けばいいだろw

でもこのブログをご覧下さってる方には

経過報告もしないといけませんので

今の状況を。

 

骨折してすぐに添え木みたいなのを包帯でグルグル巻きにして

固定しました。レガースの逆バージョン、みたいな。

解りにくい例えだこと。

で、4月19日、逆レガースからギプスになりました。

これで両足を地に着ける事は辛うじて出来る様に。

片足での松葉杖歩行って猛烈に疲れます。

どんな感じか知りたい方は試しに骨折してみるか

松葉杖を借りてみるといいです。地獄です。

で、両足着けるようになるとこれがまあ何と楽な事か。

ギプス付けた日は歩いて帰宅できました。

近所に古着屋が出来てた。桜は散ってた。

女性の服装がすっかり春めいてた。

やはり外に出ないとね。引きこもりはいかん。

説得力無いけど。

 

ですがまだ歩行するのが辛いです。

少しずつ体重を折れた足にかけるようにしていった方が

治りが早いらしいので、周りの迷惑にならない

自宅で慣らし運転してます。

昨日はつい調子に乗ったら転んで左足の爪が

少し割れました。怪我の確変。

まあそっちは別になんでもないけど。

 

先日のように雪が降ったり寒かったりすると困りますが

天気の良い日は少し散歩もした方が良さそうです。

折角の機会なので生活習慣も浄化しよう。

最近は早起きです。元々そんなに遅くまで寝ませんが。

 

4月19日には師匠夫妻がお見舞いに来てくれました。

おかげで前日は掃除だけで日が暮れました。

家が片付かないと嘆く噺家は師匠に来て貰えば確実に解決します。

師匠の第一声

「思ったより綺麗にしてるな。もっと汚いと思ったのに」

おかみさんの第一声

「吉祥寺って物価安いわね」

何しに来たんすかwwww

でも物価とかそういうものにアンテナ立つのは

やはり主婦、女性ならではだなあ。

師匠はトイレ使って風呂場覗いてPCを欲しそうに見てました。

 

前座の時、まだ両国に住んでた頃、

仕事の帰りに師匠が私の家に行くと言い出した、唐突に。

勿論片付けもしてない、酒瓶が散乱するゴミ箱状態。

師匠はトイレだけ使ってすぐに帰った。

 

あの、師匠。うちは公衆トイレじゃないんすけど…。

いやいいんですけどね。

良かった、トイレのポスター剥がしといて。

あれは見られちゃいけない。

 

わざわざ末弟の自宅まで時間割いて来てくれた師匠とおかみさん。

こういう事言うのはみっともない事だけど、

自分の選択に間違いはなかったと実感する。

 

もう少し。もう少しで治る、はず。

医者の先生が言うには今月一杯でギプスは取れるとのこと。

30日の中清寄席は出るつもりです。

恐らく復帰第一戦。

喋れるかどうか本当にわからない。

座れるのかどうか、というより高座まで歩いていけるかどうか。

でもやります。みっともない姿は見せないつもりです。

4月30日午後7時半からです。

 

たまには自分の画像も添付。

世界に一つだけの僕の靴。

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たまには何か言わないと・・。

噺家として何もしてないので何も言う事が無いんですが

何かここで言わないとホントに世間から置いてきぼりを

食べちゃったような焦燥感にかられるので

最近の事などを少し。

 

病院に10日の土曜日行きました。

まだ腫れが引いてない。

来週レントゲンとってからギブスつけるそうです。

ギブス?ギプス?どっち?

椎名林檎の曲は『ギブス』だったからそっちでいいのかな。

何しろ骨折自体初めての経験だったので

色々新鮮です。

松葉杖がいかにしんどいかも痛感しました。

家から徒歩一分の郵便ポストまで往復するのに6回休憩とかw

ギブス付けると松葉杖も大分楽にはなるようです。

それまでの辛抱ですね。

 

椅子を買いました。キャスター付きの。

片足立ちで料理したり洗い物したりが凄くしんどかったので。

簡易車椅子として重宝してます。

体調不良の第一人者こと

三遊亭大楽師匠からも

「椅子とベッドがないと足悪い時は大変だ」

という有難いお言葉を頂戴しました。

ベッドを置けるスペースのある家ならなあと後悔してます。

 

階段が死ぬほど怖いです。

下りる方が怖いんじゃないかとお思いの方も多いでしょうが

私は上る方が苦手です。

後ろにこけそうになります。てかなりました。

弟がその時居なかったら退院直後の再入院でした。

240円のジャンプ買いに行くのも怖いので

通販で買ったら送料だのなんだので1000円になりました。

明日のジャンプは決死の覚悟で買いに行きます。

というより少しは外に出ないと。

 

昨日10日は麻布太陽食堂での「麻布太陽寄席」に出演する

予定だったのですが、こういう事情で出られませんでした。

今月一杯は高座復帰は無理だと思います。

まだはっきりした見通しはまるでたってないので

きちんと解ったらこの場にて報告致します。

 

一門の後輩である三遊亭好の助(二世落語家)が

二度ほど我が家に来てくれました。

申し訳ないと思いながらもどうにも自力では出来ない用事を

彼にお願いしました。本当に有難う。

落語の定番シチュエーションであるところの

長屋の八っつぁん熊さんが横丁の隠居さんの所に

遊びに行くっていう、あの状況が何となく解った気がします。

人んち来ちゃあ本棚漁ったり冷蔵庫勝手に開けたり

お茶いれようか?って言えば

「人んちのお茶は飲まないんで」とか失礼な事言うし。

仇の家に行っても出されたお茶は飲むもんだぞって

小圓朝兄さんに怒られるぞ。

それでも暇だし人と会わない自分にとって

来客は嬉しいもので。

「しょうがねえなあ」と思いつつも楽しいもんで。

今度そういう噺やる時、隠居さんへの思い入れっていうか

やり方考えようかなあとか思う良いきっかけになった気がします。

 

椅子は組み立てるやつでした。

組立式の椅子を買うときは、必ず立てる時にして下さい。

足の骨折れてる人間があれ一人でやると地獄を見ます。

 

最近テクノ系の音楽に興味持ち始めました。

Steve Hillageって人の曲をさっき聴きました。

いい具合にワインワインしますね。

 

稽古もしてますよwww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

好の助には頭が上がらない

4月7日。

今日も自宅で療養中。

しかしやらねばならないこともある。

師匠の会の案内出さなきゃ。

でも葉書が無い。買いに行く事も出来ない。

こういう時は誰かに頼むしかない。

でも前座にはとことん嫌われてる私は

前座に頼めない。

後輩で、誰か頼めそうな…居た。

 

好の助ありがとう。暇で。

おかげで煙草も補充できたよ。

案内の葉書も作成できたよ。助かりました。

 

「ピザ取りましょうよピザ。でもチーズ食えないんで」

「何か面白い物ないんすかこの家には」

「兄さんホント無駄な毎日送ってるんすね」

「何か見られちゃまずいもんとかないんすか」

「兄さん窓から○○○○ー!!って叫んでいいすか」

君には怒らないよ僕。

他の奴なら鼻骨ぶん殴るけど君ならいいよ。

ファミスタ弱すぎるところも素敵だよ。

今度は勝てるゲーム持っておいで。

 

それと俺んちの詳細とか楽屋で言うなよ?絶対言うなよ?

お前しか知らない俺の事をちょいちょい

前座が知ってるのは何故なんだい?

でもいいんだ。もう一つ用事があるんだ。

また来ておくれ。どうせ暇だろ。

いやあ好の助には頭が上がんないや。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

病院いいとこ一度はおいで

自宅での療養生活が始まって2日目。

身内の援助で当座の食糧は何とか確保できた。

片足立ちで作ったカレーはいつもより美味しく出来た。

玉葱よく炒めて良かった。

玉葱は炒めると美味い。体は痛めても何も良い事ない。

 

それにしても自宅がこんなに不便なものとはしらなんだ。

床に座ってあれこれしてたので、立ち上がる時が怖い。

病院で教わったのは椅子orベッドからの起立・着席。

床だともう数十cmの高低差があるため

覚えたセオリーが通じない。

必ず折れた方の足を痛くする。

包帯も一日一回巻き直ししないと、ずっと添え木が密着している

踵の辺りが猛烈に痛くなる。

昨日封印を解いてみた。

臭いが・・・。具体的な表現はしない。出来ない。

お湯でしぼったおしぼりでよく拭いた。

これだって入院してたら看護士さんが手際よくやってくれる。

「くせええ!ゲロ以下の臭いがプンプンするぜええええ!」とか

そんな文句も言わずに優しくケアしてくれる。

トイレも掴まる所がないから片足で立ってする。

座ればいいんだろうけど、座るのが怖い。

さっき食事を終えて皿洗って、居間に戻ろうとしたら

床が濡れていたのか、松葉杖が滑って転倒した。

あれほど折れた所を下に着けるなと言われたのに…(◞‸◟)

 

不便で不便でならないや。

病院はよく出来てる。きちんと計算されている。

あれでマメに風呂入れてもらえてりゃ最高だった。

病院は良い所です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

退院しました

おかげさまで5日の入院生活で退院できました。

仕事の関係者各位様には多大なご迷惑をおかけしてしまい

本当に申し訳ございません。

退院したとは言え、まだ完治には程遠い状況です。

少なくとも今月いっぱいはまともに動けない感じです。

家で色々見つめなおすいい機会だと思って

静養しようかと思います。

引きこもりに逆戻りか・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

松葉杖の達人は随分骨を折っている

車椅子さんさようなら。
松葉杖さんこんにちは。

今日から松葉杖を使う。
大分身軽にはなった。
車椅子でのコーナリングに
少しずつ改良を加えてたのに。
松葉杖も慣れた頃には、
要らなくなるらしい。

前座仕事も慣れてきて
楽に出来る頃に卒業なんだよね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雑記

入院生活四日目。
頭が痒い。
風呂入りたい。
昨日の夜勤の看護師が
僕にだけ当たりがきつかった。
あのナースに夜中
肋骨折られたらどうしようかと思った。
リハビリがもはやブートキャンプレベル。
僕、痩せると思う。
今年の夏はビーチで
視線を集めちゃうんだからっ!

こんな感じの近況。
やはり携帯からじゃ
文章にリズムが出ないや

| | コメント (3) | トラックバック (0)

取り急ぎご連絡とお詫びをば

携帯から記事うpするの初めてか。

レイアウトぐしゃぐしゃだろうけど
気にしてられないので。

えっと、怪我しました。
足を骨折です。
今は歩く事も出来ずに
車椅子乗り回してます。

復帰は当分先みたいです。
何しろ正座が出来ない。

地に足の着いてない生き方
満喫してます。

沢山の方に迷惑かける事に
なります。
本当に申し訳ございません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »