« だけどやっぱりベタが好き | トップページ | 桃源郷を抜けると、そこは元の庶民の生活だった »

庶民への過度なご馳走は拷問である

このブログを始めて、このカテゴリでの投稿はお初である。

2010年3月2日。

三遊亭楽太郎改メ、六代目三遊亭圓楽襲名披露パーティ

於・帝国ホテル。

五代目円楽一門会として恐らく最大のイベント。

とっときの切り札。だと思う。

15時よりの記者会見に師匠圓橘も出るので、

師匠の鞄持って早めに私も楽屋入り。

師匠の着替えが済んだところで会場の見物。

六代目の顔で、多数の花が受付を彩る。

デパート一階みたいな匂い。

その中に、見つけた。

現人神からの花を、見つけた。コチラ↓

Photo

私が誰よりも敬愛して止まない小橋建太選手のお花!!!!!!

小橋さん…私は貴方を誰よりも尊敬しています!

受付スタッフから注がれる奇異の目も無視し、

最敬礼してからの撮影。ありがとう小橋建太選手。

アタイ今、猛烈に感動してるわ!

感動は確変に突入。さらにドン!↓

Photo_2

ギャアアアアアアアアム!健介北斗夫妻から!

こないだ後楽園行ったっす!すげえよかったっす!さいこっす!

佐々木健介選手、北斗晶様、有難うございます。

受付スタッフは可愛そうな子だと認識してくれたと思う。それでいい。

もう酸素が足りない。

パーティ会場の方をこそこそ覗きに行く。あぁっ!主役が

あんなとこでお辞儀してはる!挨拶や!挨拶やでぇ!

……アレ?

Photo_3

人形だった。遠目に見ると本人。

後で聞いたら数人の一門の人間が騙された。

記者会見スタート。

既に楽屋でビールを飲んだ鳳楽・好楽・圓橘各師匠、

落語芸術協会より桂歌丸会長、三遊亭小遊三副会長

そして主役の六代目出動。

会見の司会は好楽師匠。

円楽一門会会長、鳳楽師匠のあとにわが師圓橘。

「えぇ~、では亡くなった五代目円楽のものまねで

一言申し上げます」

誰が一発芸をしろと…(◞‸◟)

恐らくオンエアされないであろうあの模様は弟子の胸の中だけに。

会見の模様を記者さんの後ろから田代↓

Photo_4

最初は何気なく見てたんだけど、何か脚立に乗ってるカメラマンが

次第に面白くなってきて。

何かあれみたい、男性ボーカルグループ。

斜に構えて立ってる感じが。グッナイベイビー♪ とか歌って欲しい。

自分も紋付羽織袴に着替える。

パーティ開始。

六代目が厳かに入場。

司会は六代目と同期の春風亭小朝師匠と楠田枝里子さん。

楠田さんが隣りなら小朝師匠は被り物して、

司会者の壇に上がる前にまず一つコケて、

マイクの位置直す時におでこにマイクごつん、でしょ。お約束でしょ。

そういうのはないのね…。そりゃそうだよね。

隣席の好の助が

「楠田さんじゃなくて泰葉さんだったら面白かったすね」

それ面白いなあ。見たかったなあ。

まずスピーチして下さったのは泣く子も黙って財布を差し出す

天下の立川談志師匠。ご存知家元登場。

楽屋で家元とうちの師匠が談笑してたけど

師匠がキャピキャピしてたもんなあ。

やっぱヒーローだよなあ。かっこよすぎる。

まだ前座の頃、にっかん飛切落語会で主任の家元が

一席終えた後に前座の私がその後家元のやる

エロ講釈の台本とメガネ持ってく役を仰せつかって。

それ渡したら家元がいきなり

「おい、俺の女、まだ来てねえか?」

って…。咄嗟に

「いえ、まだお見えになってないようですが」ったら

「来たらすぐ終わるからって、楽屋で待たせとけ」

失禁しそうになった。

ましてやうちの師匠の世代だったらもうそういう場面に

何度も何度も遭遇してるんだろうし。そらたまらんわなあ。

家元のお言葉はここには書けません。恐らく

マスコミも報道出来ません。無理。そういう内容。

続いて歌丸師匠、そして落語協会会長・鈴々舎馬風師匠のご挨拶。

落語会のドンのお二方が登壇。

お次は女優の中村メイコさん。

何でも昔六代目と、税金に関する番組をやってらしたそうだ。

ご高齢なんだろうが綺麗。すごく綺麗。

立ち居振舞も、そして何より言葉遣いが綺麗。

もうこの辺から大物バブルが凄すぎてよく覚えてない。

順番違ってるかもしれないけどごめんね。

その後ご挨拶なさったのが中尾彬さんと松平健さん。

寄席文字橘流の師匠方から招木の贈呈。

日本香堂の社長のご挨拶。

鏡開き。居並ぶ大物の中に一際でかい二人が。

藤波さんや!武藤さんや!!

藤波辰爾選手、武藤敬司選手。

嗚呼…もうあかん。ウチもう処理しきれへん。

確変入りっぱなし。

やっとご歓談に。

前菜を食う。高級すぎて何がどう美味いのか解らない位美味い。

キャビアみたいのが見えたけどトンブリかもしれない。

トンブリなのに「このキャビア美味しいね」とか言ったら

隣席の王楽兄さん、好の助の二世二人に

だから庶民は!と言われるかもしれないから黙って食べた。

しばらくしてステージに松崎しげるさんとえなりかずきさんが。

フルート奏者との恋が破れた件についての質問は無し。

「何が原因で破局したんでしょうか」とか聞いたら

「そんな事言ったってしょうがないじゃないか!」とか

言ってくれたかな。ないな。絶対無い。そして私の居場所も無くなる。

えなりさんの挨拶見てたら、10年くらいのキャリアの

そつの無い二ッ目の噺家みたいだった。いや何となく。

松崎さんがマイクを握る。

挨拶の後、一曲歌って下さるとの事。おいおいマジか!

美しい人生を、限りない喜びを、この胸のときめきを

列席のお客様に、六代目に与えて下さると言うのか。

こういう時って歌手はいいなあ。

アカペラで歌う松崎さん。

会場のビジョンに、松崎さんと六代目の顔が映し出される。

松崎さんの方が黒かった。

えなり君は歌う前にステージ降ろされてた。そりゃねえよなあ。

松崎さんが歌った後にえなり君が

「そんなの、コントンジョノイコ」とか言って歌いだしたら

面白かったのに。それはないんだ。無いわな。

再びご歓談。ちょっと会場から出てみる。

受付に目をやると、ああああああああああ!!!!

健介・北斗夫妻や!本物や!

駆け寄る。袴踏まないように気をつけて走り寄る。

「先日の後楽園の興行、見させて頂きました!」

第一声がまずおかしい俺。正直、スマンかった。

自己紹介すら出来ない凡愚な私を許して。

だって本物だもん。プロレス愛してるもん。

会場までご案内させて頂く。

帝国ホテルのスタッフを近寄らせる事無くナビる。

健介選手に握手をねだる。快諾して下さった。

嗚呼、いっそ殺して…!ノーザンで葬って…!

夢はまだ続く。確変止まらない。

ウルティモ・ドラゴン選手発見!先日の後楽園で

チケットを手配して下さった御礼を述べて握手。

渕正信選手発見!即座に駆け寄り

「プロレス大好きなんです!ずっと見てます!握手して下さい!」

がっちり握手して下さった。

壇上にアニマル浜口さんが!

「気合だ!」10連発炸裂。

藤波選手がすぐそばを通る!駆け寄って

去年の博多天神落語祭りでご挨拶させて頂いた

プロレスキチガイであることを述べると

「ああ、そうだったね。こないだはお疲れ様」

いやあああああああああ!もう抱いて!ウチの事抱いて!

握手して頂く。力強い握手。

あぁっ!あそこにいるのは外道選手!20周年おめで…

ああ、いっちゃうぅ!あっちに邪道選手もいるぅぅぅぅぅ!

もうウチ、どこ行ったらええかわからへん!

会場の外に出る。

受付の近くに、赤いマスクをかぶった男性が

車椅子に座って佇んでいた。

ハヤブサ選手。

あの事故の爪痕は今なお鮮明に、ハヤブサ選手の体に。

駆け寄れない。必死で足を前に出し、ハヤブサ選手の前に行く。

「ずっとプロレスが大好きなんです。握手して、頂けますか。」

跪いて言った。声は多分震えてた。みっともなかったと思う。

ハヤブサ選手は微笑んで、握手して下さった。

他のレスラーの方の力のこもった握手じゃない。

ふわっと包み込む様な、そんな握手。

「おかげんは…如何ですか」と聞く。

「いや…まだダメだね。でも頑張ります」

手を離さずに答えて下さった。

御礼を述べてその場を後にする。涙が出そうだった。

いつも自分の事しかお願いしないけど、今度

近所の武蔵野八幡様にお願いする事が一つ増えた。

会場に戻る。柳家初花兄さん発見。

兄さんとプロレス小僧タッグ結成。

二人でレスラーシートに潜入。

でもそこに行くには落語協会、落語芸術協会の

諸先輩方のお席を潜り抜けなければならない。

私との落語戦闘力はチャパ王と魔人ブウくらい違う

皆様方だ。自分も一応噺家だ。大先輩の皆様だ。

恐れ多い。

手で押しのけてレスラーシートへ移動。

いやそんなことしてないすよ!ホントに!

ちょっと○○師匠が行く手を阻んでたからどけただけよ!それだけ!

全日本プロレス社長、武藤敬司選手に挨拶。握手!

カズ・ハヤシ選手に挨拶。握手!

永源遙さんに挨拶、握手!

田上明選手に挨拶、握手!

みんな大好きキョーヘイこと和田京平レフェリーに挨拶…出来ない!

好き過ぎて出来ないよぉ!

もう無理だよぉおおおおおおおおおおお!

他にもいっぱいいたよぉ!でも無理だよぉ!

もう食べられないよぉ!お腹いっぱいだよぉ!

初花兄さんと喘ぎながら桃源郷を後にする。

民主党幹事長、小沢一郎さんも挨拶してた。

挨拶の後に司会の小朝師匠から

「小沢先生も是非六代目円楽師匠に税金の事を

学んで欲しいと思います」とかそういうのは、無いね、無いです。

石田ひかりさんも挨拶なさってた。女優さんって綺麗すね。

伊集院光さんもご挨拶。

うちの前座の楽大は伊集院さんの大ファンなので

楽大という名前をもらった時はさぞ嬉しかっただろう。

(ご案内でない方のために補足。

伊集院さんは元々六代目の弟子で、初代楽大さん)

感動の対面を果たす楽大。

目をキラキラさせてデブに駆け寄るデブ。絵的にきつい。

楽大が私に写真を撮れと命令する。

お前、俺の方が先輩なの把握してるのか…?まあいいや。

撮ろうとしたがうまくいかない。撮る。デブる、もとい、ブレる。

もう一度、あれ、撮れない。

楽大は怒って自分で撮っていた。じゃあ最初からそうしろよ…!

でも大好き過ぎると写真とかお願いできないけどなあ。俺。

あれだけレスラーの皆様と握手はしたけど写真は無理だわ。

恐れ多いもん。そんなお願いできんわ。

若い子って恐れ知らずね。羨ましい。

さあ宴もたけなわ。遂にあの方が登場。

さだまさし、見参…!!!

落語好きで、落研にも在籍してたらしいさださんの

完璧なMCで会場の心鷲掴み。

一曲目、『案山子』。一門のアラフォー既に呆然自失。

うめえ…。あったりまえだけどうめえ…。

二曲目、『関白宣言』

歌と軽妙なトークで会場を手玉に取る。

三曲目、『北の国から』のテーマ

歌いだす会場。笑みをたたえるさださん。

そしてラストは『秋桜』

今までの全てが吹き飛ぶほどの感動。

さだまさし…今まで敢えて聴いてこなかったんだが

コンサートに行きたいと思った。心から思った。

歌だけじゃないね。MC込みで聴くべき。

完璧です、さださん。

熱狂的な拍手に包まれながらさださん退場。

いやー、いいディナーショーだったわい…。

飯も美味かったしなあ!……んん?

ああ、襲名披露パーティだった。

円楽一門全員壇上に上がる。

六代目の息子、一太郎が三本締めの音頭を取る。

よかったよ、一太郎。あれで正解だったよ。

ふざける必要は無かったし、短くきっちりで、良かったよ。マジで。

Photo_5

そんな彼のパーティ後のショット。

声優としても活動しているイチの肖像権侵害を防ぐ

見事な手ぶれ。ちゃんと見たい奴ぁ寄席においで。

ちなみに何ジョジョ立ちしてんだ。

六代目からの御礼の挨拶で、めでたくお開き。

その後は自分の着替えして、師匠の着物畳んで、

兄弟子の着物畳んで、水飲んでトイレ行って煙草吸って

師匠をお見送りして帰宅。以上!

いやー振り返った振り返った。

今日中に書いとかないと絶対忘れるもん。

記録として書きました。

しかしなあ…。

大好きなレスラーに一人でもお会いできたら

それだけでその日は天にも昇る気持ちなのに

こんなにまあ沢山…。

さださん良かったなあ…。

帝国ホテルの食事美味しかったなあ…。

歌丸師匠退院なさって何よりだなあ…。

家元、やっぱ素敵過ぎるなあ…。

嗚呼、贅沢すぎる。

今年一年かけて、この贅沢をじっくり分割払いで

味わいたかった。

私のような庶民には贅沢すぎて最早拷問です。

有難うございます、六代目円楽師匠。

そして、襲名おめでとうございます!

パーティの後に、一門に向けての言葉があった。

檄を飛ばしてた。

自分に何が出来るかわからないけど、

六代目の言葉を信じてひとつ気張ってみようと思う。

腰がいてえとか言ってる場合じゃねえな、こりゃ。

そろそろいってみるか…。

さて、そんな六代目三遊亭円楽を格安の料金で

ご覧頂ける両国寄席は、今月も鋭意開催中。

毎月1~15日。

今月5日はその六代目が主任!そしてワタクシ橘也も出るよ!

開場17時半、開演18時。料金は当日1,500円。前売り1,200円。

僕が出るのは4、5、6日です。

お暇なら是非。

嗚呼…それにしても…いい一日だった…。

|

« だけどやっぱりベタが好き | トップページ | 桃源郷を抜けると、そこは元の庶民の生活だった »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

橘也さん、当日はかなり興奮していましたね。
レスラーの方の後を付けまわしていましたからね。笑

投稿: なぞかけファン | 2010年3月 8日 (月) 22時56分

六代目円楽師匠襲名、ほんとうにおめでとうございます!!

ワイドショーで、ごあいさつなさっている
六代目のうしろに橘也さん映ってましたね!!
メガネかけてる姿も、男前でした!!

投稿: ひろみ | 2010年3月 3日 (水) 16時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324545/33610663

この記事へのトラックバック一覧です: 庶民への過度なご馳走は拷問である:

« だけどやっぱりベタが好き | トップページ | 桃源郷を抜けると、そこは元の庶民の生活だった »