« もうすぐ春ですね | トップページ | 他力本願の極み、ではあるのだが »

バーチャルで、リアルと同じ様な思いを味わう事ほど悲しいものはない

先日、東洋館でご一緒させて頂いた立川談奈兄さんに

こんな事を言われた。

「こないだの六代目襲名パーティーの報道、TVで観たよ。

君、バッチリ映ってたね。アレわざとでしょ?」

いや兄さんwわざとじゃねえですよ。

たまたま壇上に一門が全員上がって六代目が挨拶するって時に

たまたま後ろに居ちゃっただけなんです。ホントに。

何も考えてなかったもの。

あんな事狙って出来る程器用だったら

小学生の時に友達100人出来てます。

今頃も少し売れてます。

そういうの、本当に苦手なのよ。

アレは映ったってより、見切れちゃった、っていう。ね?

いくら書いても信じては貰えない様な気がする。

郷里の親も親類も私が映ってたとか何とか言ってたっけ。

当方のブログに頂いたコメントも同様であった。

何しろ私は映ってたらしい自分をこの目で確認してないのだ。

TV観てないんですよ。

ニュースは大概ネットでチェックする事にしている

ksニート崩れの私にはTVは眩しすぎて観れんとですタイ。

 

でもそういう媒体に、見切れてるだけとはいえ

映るというのは、こんなにも反響がある事なのだと実感した。

上方のある兄さんは「売れる」=「テレビに出る」

という事だと言っていた。

なるほどテレビってのは相当に大きな力を持ってるようだ。

普段連絡来ない友人からも「お前映ってたな!」とか言われたし。

このブログ始めてもうすぐふた月だけど

今までで一番コメント付いたのも、六代目の背後に

映ってた件についてだし。

 

手前味噌で凄く情けないんだけど、

テレビで色んな人間の思惑が絡む中での出力よりも

こうしてブログで誰憚ることなく文章を綴ってる方が

僕は好きだし、面白いと思ってる。

高座じゃ喋れない事言ったり、

友人居ないし後輩からも嫌われている僕が

何を言っても許される唯一の場所だから。

だからブログは飽きないし、出来ればずっと続けたい。

 

アクセス数もチョコチョコ増え、コメントもちょいちょい

付くようになって、自分は過信してしまったようだ。

ここ最近の記事は、完全に僕の内面を

曝け出している。

世間的には何のトピックにもなり得ない、

僕という個人の、河原乞食の不鮮明な独り言、

正に便所の落書き。

自分がやりたいのはそれなんだけど、

途端につかなくなるコメントwwww

 

まさかブログという、ネットという虚構の世界でも

一人ぼっちになるとは思わなかった。

清々しいほど孤独じゃわい。

|

« もうすぐ春ですね | トップページ | 他力本願の極み、ではあるのだが »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつも、楽しく読ませていただいてます。
コメント書こうとすると、橘也さんよろしく(?)つい長くなっちゃうので、自制してましたcoldsweats01
ご報告。今日兼好師匠にも入浴剤お届けしました。
いつもの素敵な笑顔で、お受け取りいただきましたよscissors

投稿: ゆう | 2010年3月11日 (木) 22時30分

面白いですよ~good

投稿: なぞかけファン | 2010年3月11日 (木) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324545/33729457

この記事へのトラックバック一覧です: バーチャルで、リアルと同じ様な思いを味わう事ほど悲しいものはない:

« もうすぐ春ですね | トップページ | 他力本願の極み、ではあるのだが »