« 真面目な宣伝 | トップページ | ここ最近の落語リハビリ »

芸人たるもの、かくあるべし

2月4日、両国寄席に出演。

番組は僕、楽麻呂師、鳳志兄、小圓朝兄、(仲入り)、

好楽師、神楽兄、ダミー先生、主任:好太郎師

※番組がチラシと違うけど寄席なんてそういうもんです

楽屋で好楽師の弟子が何かそわそわしてる。

楽屋に好楽師が入る。と同時に知らない人が来た。

ジャーマネかと思ったらビーテレのフースタだった。

(マネージャーと思ったらテレビのスタッフだった、の意)

業界用語大放出。

日本テレビ『メレンゲの気持ち』のコーナーの収録だそうで。

楽屋での師匠の支度やら、

他の芸人といる雰囲気を撮りたいみたい。

そもそも楽屋が個室でないの?とか言ってたがそらそうだろ。

外観でわかるっしょ。

マンションの各部屋に師匠が一人ずつ待機ってのも面白いけど

それじゃ何か違法の風俗みたいだ。

(両国寄席はマンションの一階なのだ)

「出来れば全員テロップで名前出したいので

師匠の後ろに居て下さい」

と言われ、福留さんも激怒してスタッフを

パワハラの渦に巻き込みそうな

くらいに後ろに並ぶ楽屋の芸人達。

自分は明らかにポジション取りを間違えたので多分映ってない。

僕みたいなのに日本代表のFW任せたら

国賊の様に叩かれるだろうな。

ゴール前の嗅覚が欲しい。

で、そのコーナーってのが、

小島よしおさんの持ってるコーナーのようで

小島よしおさんが楽屋にいらした。

メレンゲ見てないから知らないけど、多分小島さんが色んな人に

話聴いたり何かしたりするんだろう。

小島さんが師匠に話を振る。

全て画用紙でカンペが出て、その通りに言う小島さん。

好楽師に寄席のしきたりとか色々聴く。

そして好楽師より「俺の前に出る?」との提案。

小島さん「前…と言いますと?」

好楽師「前座だよ前座」

スタッフの中の一番偉そうな人が怪訝な顔をする。

偉い人「前座、じゃなくて、『前座さん』でお願いします。

     普通、前座って言いませんよね?」

好楽師「いや普通に前座って言うよ」

偉い人「あ、そうなんですかぁ」

絶対納得してない顔。

TAKE2。前と同じ段取りで

好楽師「前座さんだよ前座さん」

凄いなあ好楽師匠。僕なら曲げないけどなあ。

多分そういうとこでつまらぬ意地を張るのが無駄だって

よぉっくご存知なんだろう。相手の好きなようにさせてあげる

好楽師匠の懐の深さを思い知る。僕には真似できない。たぶん。

小島さんは出番に備え着替える。

何の躊躇もなく下着を脱ぐ。

ご存知の出で立ちになり、寒いのでコートを着る小島さん。

サッカーの監督がピッチで着てるようなアレ。

出番まで暇そうだったので話してみた。

何でも昔、小島さんは五人組でお笑いやってたそうだ。

「江戸時代の人ですか?」って言おうと思ったけど

小島さんが社会の授業ダイッキライだった可能性を考慮して止めた。

あとは冬場は脂肪が付きやすいから大変だとか

日ごろ鍛えてるだとかアスリートみたいな事言ってた。

で、海パンいっちょで上着着てる様子が

出番待ちのグラビアアイドルみたいだったのでそう言ったら

スタッフの一人が笑ってた。

小島さんもニヤッとしてくれた。

色々話したけど、小島さんは物静かで知的な感じを受けた。

その後高座で座布団踏んづけながら

ネタやってエライ事になってたが

実際の小島さんはもっとスマートな方だと思う。たぶん。

本当は他にやりたいネタとかあるんだろうけど、

テレビを作る人間が、そして見てる視聴者のニーズに合わせて

今のスタイルになったんだろう。今の形でもう3年になるとか。

僕は落語をさせて頂いてるけど、

教わった話に自分の思い入れとか、

欲をどうしても注入してしまう。というかそうじゃないと出来ない。

でも小島さんはそういう欲を捨てるんだと思う。

それが芸人としてのし上がるためなら、欲とか自分のエゴとか

それこそ「そんなの関係ねえ」んだろう。

そのテレビの偉い人が「小島君!」と

色々事細かに指示を出してたけど

そんなもん芸人の裁量でやらせりゃいいじゃん。

その方が面白いのできるのに。

でもそうしないんだろうね。

自分達が面白いと思う形を信じて疑わないんだろうね。

「今テレビ出てる芸人はつまらない」

って嘆いてる人、いっぱいいるでしょ。

でもアレ、芸人のせいじゃないですよ。

テレビを鵜呑みにしてる人にどう馬鹿にされようが

あの人たちは屁でもないと思う。

ライブでやりゃいいんだもん。そこで思い切りエゴ全開で

ネタやりゃいいんだもん。

私欲を捨てるってのはあーいうことなんだと思い知った。

僕のような欲丸出しじゃダメなんだろうな。

行く先々の水に合わねば。先人の言葉が重くのしかかる。

Photo

小島さん裸だからマイクをガムテで体につける。

後ではがす時痛いだろうから小島さんがスタッフに

「ポイントだけ押さえればいいですよ」

と言ったにも関わらず、スタッフはガムテびったびたに

小島さんの体につけてた。写真はその残骸。

あの時の小島さんは、熱湯風呂に入るよりもっともっと

何かに耐えていた。リアクションもせずに。

芸人たるもの、かくあるべし。

|

« 真面目な宣伝 | トップページ | ここ最近の落語リハビリ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

小島よしおファンです!
芸人さんは大変ですねぇsweat02sweat02
生小島さんはファンにも優しく好青年でトークライブでもしゃべりは上手くてTVのすべった感が見てて残念~weepと思ってましたが、やっぱり台本あるんですねangry

それにしてもガムテープべったり張りやがってannoyannoy
はがす時痛いっつーのsign03

投稿: 始めまして! | 2010年2月 8日 (月) 11時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1324545/33289682

この記事へのトラックバック一覧です: 芸人たるもの、かくあるべし:

« 真面目な宣伝 | トップページ | ここ最近の落語リハビリ »